| トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2020-10-29-Thursday 秋間美江子さん逝去

アメリカのコロラド州ボルダー市の秋間美江子さんが逝去された

らしいと云う連絡が入った。

詳しい状況はまだ分からないのだが、秋間さんと親しい千葉の山野井孝有さんから25日(日)の昼頃に亡くなられたとのメールをいただいたのである。享年93歳であった。

秋間さんのことは、私のブログに何度も書いているが、哀悼の意を込めて再度書くことにするが、まさに「ボランティア精神が服を着て歩いている」という方であった。

秋間美江子さんとの出会いは、1995年2月のことであった。

当時、帯広青年会議所(JC)で、地球環境問題に貢献する大学を十勝に造りたいと「国際環境大学構想」を提案したのであった。

この大学構想を推進するプロジェクトチームの担当副理事長として、コロラド州立大学のあるアメリカ・コロラド州のボルダー市にJCメンバー8名+新聞記者で視察団を組んで訪問したのであるが、言い出しっぺの私が団長として赴いたのであった。

この時に、受け入れて下さったのが、ボランティア活動に熱心であったボルダー在住の秋間美江子さんであった。

ご主人の浩さんと美江子さんは、いわゆる日本からの「頭脳流出」である。

東京オリンピックの映像を世界中に発信したテレビの「秋間システム」の開発者であった浩さん、フルブライトの第一期の留学生であった美江子さん夫婦はともに優秀なご夫妻であった。

その優秀な頭脳をアメリカに流出をさせてしまったのは、日本人の差別であった。

美江子さんの兄の宮沢弘幸さんは、第二次世界大戦時に北海道大学の学生であったが、かの悪名高き特高警察にスパイ容疑で北大の外国人教師のレーン夫妻とともに真珠湾攻撃の日の1941年12月8日に逮捕されたのである。

逮捕容疑は根室の飛行場の存在を漏らしたというスパイ容疑であったのだが、これは既に新聞でも公表されていた衆人周知の事実であったのだ。

スパイ摘発の手柄を立てたい特高がでっち上げた冤罪事件であった。

お兄さんは極寒の網走監獄に収監された。戦時中、美江子さんはお母さんと何度も東京から網走まで足を運んだという。

終戦と同時に釈放されたが、外人教師も絡んだ冤罪事件であったから、占領軍に冤罪の発覚を恐れた官吏が証拠書類を燃やしてしまったがために、いまだに事件の真相は完全には明らかに出来ていないのである。

酷い環境の監獄生活を送った弘幸さんは昭和22年2月22日に亡くなられたのであった。

しかし、その後もスパイの家族という白い眼でみられ続けた秋間浩・美江子夫妻は、いたたまれずに日本を離れてアメリカに渡ったのであった。

この「宮澤・レーン事件」のことを美江子さんから聞いたのは、親しく家族同士のお付き合いをさせてもらってから数年後のことであった。

1995年2月の最初のボルダー訪問後には、秋間さんも何度も帯広を訪れてくれたし、私も家族を連れてボルダーを何度も訪問したりしたのである。妻は私以上に美江子さんと親しくお付き合いをさせてもらっていた。

そんな中で、この事件の真相を明らかにして、二度と不幸な冤罪事件を起こしたくないという気持ちに共鳴した方々が大勢集まってきたのである。

私も微力ながらお手伝いをさせてもらっている。

詳しいことは過去にこのブログに何度も書いているのでここでは割愛するが、美江子さんに心残りがあるとすればこの「宮澤・レーン事件」の真相を明らかにしてお兄さんの名誉を回復させることであったろう。

来年は事件から80年の節目にあたり、北大で展示会を開催する予定になっていた。近年、美江子さんは癌で何度も手術を受けて体力が落ち、来日がままならなくなっていたが、この機会に北海道に来て展示会を見ることを望んでいた。

またお会いしたかったとても残念である。衷心からご冥福を祈る(合掌)。


■2020-10-28-Wednesday 開運!なんでも鑑定団

昨日27日夜放送の

「開運!なんでも鑑定団」に出演したのだが・・・、

放送前には、収録内容の詳しいことを公表してはイケナイとの誓約書にサインしているので、今日まで話したくてウズウズしていたのだが、なんとか口外せずいたのである。

ようやく放送が終わったので、詳しく書くことにする。

収録日は10月3日(土)の昼頃、千代田区北の丸公園にある「科学技術館」(武道館の隣の建物)2階の千代田スタジオで行われた。

コロナ禍によって、番組内容が通常の時とは異なっている。

地方の市町村に出掛けて、市民ホール等で観客を大勢入れて収録をする「出張鑑定団」のコーナーが特にコロナ禍の影響を受けているのだ。

今回、私が出演するのは、通常ならこの「出張鑑定団」の枠である。今回は「第15回人形鑑定大会」と銘打った特別企画もので、全国各地の北は北海道の私から、南は広島・岡山県まで5名の出品者を集めての収録であったが、無観客で行われたのであった。

コーナーの司会者は、本編の今田耕司ではなくて、物真似芸人の原口あきまさで、ゲストはタレントの千秋であった。

5名の出演者はそれぞれが自慢の人形を持ち寄って鑑定してもらうのである。

全国放送のテレビに実名顔出しで出演するのであるから、当然ながら出品者は全員、自信タップリなのである。

私も、テレビ局のディレクターから「オートマタ(自動人形)美人手品師」での出演の打診があった最初には、強気で「500万円!」と言っていたのである。

私が「開運!なんでも鑑定団」に出演するのは今回で2回目である。とは言え、前回出演したのは2017年3月23日に放送されたBS放送局の「兄弟番組」の「開運!なんでも鑑定団 極上お宝サロン」と云うテレビ東京系列局のBSジャパンの番組で司会者は石坂浩二であった。

この兄弟番組は、品物の金額を鑑定するという趣旨ではなく、狂的な「コレクター」を紹介する番組であって、私は「マジック グッズ コレクター」として30分間に亘って紹介されたのであった。

私は昔から「開運!なんでも鑑定団」のファンであり、以前は帯広の地上波では放送されていなかったこの番組が見たいが為にケーブルテレビ局との契約をしたほどのファンだったのである。

これまでに何度も出演応募をしたのだが、本編には未だに出演が叶っていない。今回は、BSジャパンに出演後に購入した「オートマタ」で、テレビ局側から出演オファーが来たのであるから不思議なものである。

私は、これまでに何度もテレビ番組には出演をしているので慣れているから、緊張するなどと云うことは全くないのだが、今回は本番が近づくにつれて、段々と「全国に恥を晒したくないなぁ〜」と云う心境に襲われてしまったのであった。収録時間が近づくにつれて徐々に弱気になって行くのだから人間の心理とは面白いものだ。

最終的にボードに自己評価額を書き込む時には、かなり弱気になっていて「300万円」と低めに書いたのであった。

本番では、鑑定人の那須オルゴール美術館の田中健館長が「250万円」との評価をしてくれたのであった。

自己評価額を50万円も下回ったのであったが、それでも購入した金額は「120万円」であったから、2倍以上の値を付けてくれたので大満足である。面目は保てたであろう。

実際の放送時間は5分間程度であったが、収録は20分以上も掛かっている。編集をするわけだが、仕事とは言え上手く編集するものである。

収録本番を見学に来た次女に、収録と放送との違いを分かってもらおうと思っていたのに・・・、娘に「どうだった?」とメールをしたら「見るの忘れてた!」と云うではないか。こんなモノなんだなぁ〜。

昨夜の放送中から、これまでに大勢の知人からは「見たよ〜!」「スマートになったんじゃない?」「ダンディに映っていたよ!」「すごい高額じゃないの〜!」等との連絡をたくさん頂いている。

ダイエットしたのは出演オファーが来る前であるから、別段テレビ映りを意識したわけではないのだが、痩せたタイミングは良かったようだ。

今度は、今田耕司司会の本編に出演したいものだなぁ〜。


■2020-10-23-Friday マジック・ミュージアム

コロナ禍で・・・

今年3月初旬から6月までは、ず〜っとマジック・ミュージアムを(自粛)休館してきた。

十勝では、クラスターも発生せずに現在まで推移しているのだが、見学希望の問い合わせもほとんど無かったのである。

6月下旬からは、コロナ禍で坂本ビルに入居していたテナントさんの撤退工事(原状回復工事)が始まって、音や埃が出るから休館にしていた。

その工事が10月初旬には終了したので、東京でのテレビ収録(3日)から戻って後にマジック・ミュージアムの営業を再開したのである。

ここにきて、ようやく見学者が増えてきた。

私も、しばらくマジックを披露していなかったので、すっかり腕が鈍ってしまったかと思ったが、やはり51年もマジックをやっていると勘をすぐに取り戻せるものである。

今週も団体さんが来場してくれたので、感覚は完全に元に戻った。

マジック・ミュージアムは「GoTo」なんとやらには全く無関係ではあるのだが・・・。

人間は楽しみが無ければ生きてはいけない。

マジックの「驚き」は脳みその刺激にもなるし、普段の生活とはまた違ったサプライズがあるから、手頃なエンターテインメントであると思う。

今週の来場者さんは皆、とても喜んでくれた。

東京でも札幌でも、まだまだ新型コロナの感染者数が減らないが、以前から言っている通りに、感染者数を0にすることなど不可能であるのだし、死亡者数が増えているわけではないのだから、政府はサッサと「指定感染症の2類相当」から、インフルエンザと同等レベルの「5類」に下げてくれれば、もっと世の中が明るくなるのに・・・。

こんなバカなことを続けているから、JALやANAも経営危機が言われるようになったし、飲食業や観光業もいくらGoToトラベルなんかやったところで国民は心底から安心して旅行や飲食も出来ない状況なのだ。

対策が中途半端過ぎるよなぁ〜。