| トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2018-10-15-Monday 消費増税

安倍首相が来年10月に

消費税を10%に上げると宣言したと云うニュース。

以前から言っていたのだから、別段、驚くほどのことではないが・・・。

私は「軽減税率」の方が大問題だと思っている。与党でもある公明党の賛意を得る為に、導入したと言われているのだが、まったく馬鹿げた税制である。

世の中に混乱しか起こさないと予言しておこう。

貧困者救済の為だと云うが・・・、人間は、金持ちも貧乏人も食べなければ生きていけない生物なのである。高い食材を買うのは金持ちなのだから、食材を軽減税率にしたらその分、金持ちを優遇することになる。皆から等しく取れば良いのだ。その上で、年収が少ない人達には、税金を戻してあげた方が良い。

やれ、買って帰ったらどうとか、イートインならどうとか、店の方も、客の方も訳が分からなくなるであろう。実に馬鹿馬鹿しい限りだ。税金はシンプル イズ ベストなのである。複雑にしたら、またコス狡い奴が儲けるだけだ。

今更、消費税を10%に上げたところで、政治家や官僚が、補助金だとか不要な箱物建設とかオカシナ税金の使い方を止めない限り、財政の健全化など絵空事で全く無意味なことである。

今年、還暦になった私達の世代は、60才定年での完全隠居は難しいだろう。年金受給までの数年間は働かなければならないだろうし、受給されても年金だけでの生活は困難であろう。

それでも、おそらく年金額は減らされるであろうけれども、まだ何とかかんとか貰えるであろうが、一回り下の連中の世代は、一体どうなるのであろうか?

現在、日本には100才超の老人が6万数千人も居るのだと云う。しかも、その内の6万人が女性だと云う。女は生物学的にも強いのだなぁ〜。

内容が正しいかどうかは検証していないから分からないが、とある週刊誌によると60〜80才までの20年間の生活費は、年180万円掛かると云う。そうすると20年で3千6百万円掛かる。100才までの、もう20年を入れると7千2百万円!

誰がどう考えたって、60才で無収入になって、40年以上も年金だけで暮らせる訳がない。

政府は、65才定年にして、70才から年金支給を始めるなんて考えているようだが、男性の健康寿命は72〜73才くらいだから、定年後に3年程しか隠居生活を送れない。後はベッドで寝た切りか!

あぁ〜嫌だ、嫌だ!考えるのも嫌だ!長生きはしたくないなぁ〜。


■2018-10-08-Monday ゴルフ

7日と同じゴルフ場で

今日は、青年会議所の「じゃがいもクラブ」のゴルフコンペの最終戦である。

今年は、スケジュールがなかなか合わなくて、半分しか参加していないし、ゴルフの成績も悪いから、年間賞には程遠い順位でしかない。

集合時間は6時半と朝早い時間であるし、地面はグチャグチャであるし、天気予報は外れて、雨が降っている。

ノータッチでプレイすると云う。

去年の入院で筋力が低下しているから、腕力の必要なラフからのショットは避けたいところなのだが・・・。

こう云う時に限って、球がフェアウェイには止まってくれない。スコアが悪いもんだから、取り返そうと思って、無理をするので、ミスショットが多くなり、益々崩れていくと云う最悪のパターンである。

オマケに、木の真下や真後ろにボールが止まって、出すだけなのに、それをミスするから、イライラは頂点に達する。

集中力を失くして、いい加減にプレーするから、スコアは最低。

結局、今期最低のスコアであった。

私がプレーした組は11:40分に上がって来た。今日は最終戦であるから、表彰式は18時から市内の飲食店で行うことになっている。

まだ6時間も時間がある。成績が悪かったから表彰式に出るつもりもなかったのだが・・・。

自宅に戻ったら、外で焼肉をやろうと云うことになった。16時からビールを飲んで、食べ始めたが17時には食べ終えてしまったのだった。

食後に風呂に入ってノンビリしたのだが、何だか手持無沙汰になってしまったのである。どうせ入賞はしていないのだろうが、表彰式に顔を出すことにしたのである。

徒歩で会場に向かった。

案の定、今日のコンペは25位で、飛賞の醤油セットを貰った。

年間賞の方は、まるでお話にもならない。

一次会で自宅に戻り、サッサと寝たのであった。

それにしても、今年はゴルフの成績が振るわないなぁ〜。今年の予定は後1試合だけである。

練習が嫌いであるが、負けず嫌いでもあるから、冬に特訓でもするか!

その前に、少し腹を引っ込めないとなぁ〜。


■2018-10-07-Sunday 3連休

今年は3連休が多いが、

いずれも、台風や地震などの災害に遭ってまともに休めない。

昨日(7日)は、14歳年長の先輩からゴルフを誘われていたのだが・・・。

台風が北海道に迫って来ていると云う天気予報を見て「止めましょうよ」と言ったのだが・・・。

「台風は去ったから、午後からやるぞ!」と元気が良いのである。

嫌々ながらも出掛けて行ったのであった。

天気は時折小雨がぱらつく程度で、途中には太陽も出て来た。

一緒に回るメンバーの年齢は、74歳、73歳、71歳である。「お前一人だけレギュラーティからと云うのも面倒だから、今日はお前も一緒にシルバーティからプレーしろ」と云う。

前から打つのは初めてであるから、いつもと勝手が違う。景色が異なるのである。案の定、飛び過ぎて突き抜けてのOBを打ってしまった。

私のスコアは散々なものであるが、いつもの晩御飯の支払いを賭けてのラスベガス方式と云う賭けをしながらのプレーで、今回は2位になった。

1位が1割、2位が2割、3位が3割、4位が4割を支払う決まりなのである。

前回は私が4位で4割を支払ったのだが、食事の場所は高級スキヤキ屋であった。

今回は、最年長のAさんが4位であるが「食事の場所は俺が決める。俺がルールだ」と言って場所は居酒屋になったのであった。

翌日も全員が、同じ場所で早朝からゴルフコンペに参加するのでであるから、お酒の量も控え目である。

何だかなぁ〜。