| トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2019-07-17-Wednesday 自費出版

札幌の従弟から本が送られて来た。

同封の手紙には「思い立って以来約10年、ようやく纏まりました。」とある。

先般、私が札幌に行った時に一緒に昼食を摂った際に「もうすぐ完成するから、出来たら送るからな・・・」と言っていた本である。

本の題名は「昭和のエポネケ ステネケ パネポネポ」まったく意味不明の題で、アイヌ語でもなさそう。一体何のコッチャ?

著者は「坂本勝昭」、18歳上の従弟で、私とは一字違いである。

編集協力は「亜璃西社」と云う北海道では有名な出版社だ。「頒価1000円」とあるから、道内の有名書店でも販売してくれるらしい。

読後の感想を聞かせて欲しいと云うので、早速読破した。200頁強の本であるから、本を読み慣れている私なら30分程度で読み終えてしまう頁数である。

本の題名にもなっている「エポネケ ステネケ パネポネポ」は呪文の様な言葉で、著者が戦争疎開で、帯広の実家(我が家)に疎開していた時の帯広の友人が使っていた言葉で、意味は未だに分からないとのこと。

従弟は帯広でも「やんちゃ坊主」として有名であった。

この様な「言葉遊び」や「卑猥な替歌」などを題材にしてエッセーを書いていく構成になっている。

私に「酒」「ボーリング」「ダーツ」「バックギャモン」等などの「遊び」を教えてくれた従弟であるが、さすがに18歳も歳が離れていると私の知らない替歌や言葉遊びが多かった。

終わりの方は「袋綴じ」にしてあって、立ち読みでは見せられないかなり卑猥な替歌が載っている。この部分は書いた本人はご満悦の様であるが、家族からはとても不評だったとのこと。さもありなん!

まぁ、自費出版は自己満足だからね。自分の書きたいことを書けば良いのである。

私も、そろそろ自伝的なことを纏めて自費出版でもするかな!


■2019-07-16-Tuesday 読書

このところ忙しくて、

先週、本屋で見つけて、面白そうだと思い購入してあった高田崇史の新作「源平の怨霊」をずっと読めずにいたのである。

私は乱読で、活字であるなら何でも読むが、小説以外の本なら、数冊の本を少しずつ並列で読むのもヘッチャラである。

しかし、小説は一気に読んでしまわないと気が済まないのである。452頁を一気に読み切ったのであった。読み始めたら結末が気になって仕方がなくなるからだ。

特に、この高田崇史の歴史ミステリー物は大好きで、ほとんど全作を読んでいる。

こう云う視点で歴史を眺めると新しい見方が出来て、歴史が面白くなる。今回の内容に関しては、以前に読んだ別の著作のアイデアの焼き直しであるが、それでもまとめて読むと面白い。

源氏と平氏の争いの新たな視点が新鮮であった。

映画や推理小説と同じで、ここで詳しく論評してしまうと、マジックのタネ明かしと同様に、まだ読んでいない人が白けてしまうであろうから、詳しくは書かないが、日本の歴史に対する考え方として、この高田崇史と井沢元彦の功績は大きいと思う。

「不思議」をテーマに蒐集している「マジック・ミュージアム」の蔵書としては、「言霊」「怨霊」「祟り」と云うのは重要なポイントである。

これらは現代人にとっては単なる「迷信」ではあるが、それを信じていた当時の人にとっては真剣に恐れていたモノなのである。それらを避ける為に、都市が造られ、日々の生活をしていた。

その観点から歴史を眺める必要性は大である。もっと井沢元彦や高田崇史の考え方を日本の歴史学会も取り入れるべきであろう。

とにかく面白い本であった。早く次回作を読みたいなぁ〜。


■2019-07-15-Monday じゃがいも

今日は帯広青年会議所のゴルフ

じゃがいもコンペである。

疲れているから、雨だったら欠席しようと思っていたのだったが、曇り空だったので出掛けたのであった。

会場は十勝CC、一緒の組になったのは、ハンディ3と7と飛ばし屋の若い3人である。

私もかつては飛ばし屋と言われたこともあったのだが、一昨年の2ヶ月間の入院ですっかり筋力が落ちてしまい、今はまったく飛ばなくなってしまった。

何とか3人に食らいついていこうと思ったのだが・・・。

さすがHC3のN君はステディなゴルフをする。HC7のK君はフォームを改造中とのことであるが、身長が高いからものすごく飛ぶ、もう一人のD君は、ブンブン丸でこれまた当たればものすごく飛ぶ。ドライバーで50ヤード以上も置いていかれるとすっかり意気消沈してしまう。

N君は2バーディ、2ボギーの72打で回って来た。飛ぶし、曲がらないし、パットも上手い。

私は95打も叩いてしまい、表彰式に出るのも恥ずかしいから、サッサと帰宅したのであった。

夜は、住宅のある町内会の役員会である。副会長を仰せつかっているから欠席するわけにはいかない。

夏のリクレーションの話し合いである。町内会員の平均年齢は80歳に近いであろう、もう十数年も前から、パークゴルフも止めてしまったし、焼肉パーティもやっていない。

居酒屋で銘々が好きなモノを注文して食べておしまいである。場所をどこにするかであるが、歩いて行ける距離にはなかなか手頃な店がない。

どうせタクシーを使うならどこでも同じであるから、街中の私のビルで行うことになった。

私としてもテナントさんの店を使ってくれるのはありがたい。会議は10分で終了したのであった。