| トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2019-10-15-Tuesday 台風被害

台風19号が去って被害状況が少しずつ判明してきたが、

いやはや、想像していた以上に物凄い被害である。

メディアに依って犠牲者数にバラつきがあるものの70名以上もの方が犠牲になったという。

河川の氾濫が52河川にも及び、氾濫箇所は73ヵ所にもなったというから驚きだ。100年に一度の台風を超えたというが・・・、地球温暖化で、台風が今後ますます大型化するであろうから、もはや100年に一度なんて言っていられなくなるだろう。

被害が広範囲に及んでいるから、被害状況の全容は未だ掴めていないようだが、ニュース解説などでは、少しずつ分析が始まっているようだ。

驚いたのは、多摩川が氾濫した二子玉川や武蔵小杉などの都会の被害である。特に武蔵小杉は、近年、大人気の住宅街で住み易い街として脚光を浴びていた場所である。そこの新しく開発されたばかりの22階建てと47階建てのタワーマンションが被害に遭ったのだから・・・。

どちらのマンションも地下に変電設備機械が設置されており、浸水に依って変電装置が故障し停電が発生したという。

タワーマンションは地震の時の停電ならば、自家発電装置か蓄電装置で24時間くらいは公共部分の電気が供給されるのだと云う。電気の供給源である東電が電気を送りだすまでの応急的対応が可能と云う触れ込みであった。

武蔵小杉は、海からの津波の心配はなさそうな場所であるが、河川の氾濫の浸水にまでは気が回らなかったようである。

この武蔵小杉の再開発されたマンションは、工場跡地に建てられたと云うが、それ以前は一帯が沼地であったと云う。

地名に、沢、沼、谷、池、田などが付く所は、もともと低地であるのだから浸水被害に遭い易い場所なのである。マンションだからといって立地場所の過去を調べずに購入するのはリスクが伴うということだろう。

東日本大震災の際に、福島第一原発が停止してしまったのは地下の発電装置が、津波に依る浸水で故障したからだったが・・・。

武蔵小杉のマンションの設計者は、多摩川が氾濫することを全く想定していなかったのであろうなぁ〜。

高層マンションが停電に弱いことはこれまでの大きな地震で明らかになっている。停電したら、エレベータも停まるし、水道もポンプが止まるから水も使えなくなる。自家発電装置が有効な24時間以内に停電が復旧しなければ生活の基本が機能しない。

先の台風15号に依る停電は、強風で電柱がたくさん倒れた千葉の一地域だけであったが、これは機械の故障と云うよりは送電網の破壊に依るものであった。この復旧には1ヶ月以上もの時間が掛かったし、まだ完全には復旧もしていなかった。

今後は、台風が大型化すると予想されているのであるから、その強風被害に備えるには、送電網の確保が必要だ。

大雨の対策には、浸水被害に備える必要があるだろう。行政に堤防を高くして欲しいと言ったところで、時間も金も掛かるからそう簡単には出来ないだろう。ハザードマップで浸水が予想される場所のマンションは、もはや地下に電気系統の機械を設置してはまずいだろう。

地階や半地階や、今回は二子玉川ではマンション1階の住民が亡くなったから1階でも危険が及ぶ。

早速、我が社も我が家も、ハザードマップを確認し、対策が取れているのか検証をした。

我が社は、かなり以前に、地階にあった変電装置を地上に上げてあるし、暖房のボイラーも屋上に上げた。この移動をさせるのには、かなりな費用が掛かったのだが、多くのテナントさんの営業に影響を与えないようにビル会社がやっておかなければならない仕事であると思っている。

去年の北海道のブラックアウト後に、自家発電装置も購入してある。自分の身は自分で守らなければならないのは基本中の基本だ。

ビル会社というのも、火事に備えての防火、地震や台風に備えての防災を日頃から考えてやっておかなければならない。

それでも、今回の台風19号のように予想を遥かに上回る大型のものに直撃されたら・・・。

なんとも暮らし難い地球になったもんだ・・・。


■2019-10-14-Monday ラグビー

ラグビーの対スコットランド戦は凄かったなぁ〜。

ラグビーのルールは未だに良く分からないから、俄かファンというわけでもないが・・・、根っからのインドア派で、やれるスポーツもゴルフくらいしかない柔な身体の男であるが、やっぱり日本チームが戦うとなるとテレビを見ずにはいられないものである。

特に、後半の残り時間30分間の攻防は手に汗握る熱戦であった。思わず身体が前に乗り出してきて、握った拳に力が入った。

21点目を取られた時には、あぁ〜これまでかと思ったが・・・。

あのスコットランドの怒涛の猛攻を凌ぎ切ったディフェンスには驚いたなぁ〜。

相撲やプロレスよりも激しいぶつかり合いを見ると、自分がラグビーをやろうなんてことは全く思わないが、見ているだけで自分が戦っているかのような気持ちにさせられる。ラグビーがこんなに興奮するスポーツだとは思っていなかった。

このスコットランド戦の勝利で、予選を4戦全勝でトップ通過してベスト8に進出した。

次の準々決勝の相手が南アフリカだと云う。こうなったら、決勝まで行って優勝して欲しい。台風19号の被害者の方々も、この日本チームの大活躍に少しは励まされるかもしれない。頑張れ日本!


■2019-10-13-Sunday 台風19号

いやはや物凄い台風だ。

つい先頃に猛威を振るった台風15号の何倍も大きくて強力な台風である。天気予報の番組でその大きさを比較していたが、台風19号の暴風域の赤い丸の中に、すっぽりと15号が収まってしまうのだから、その大きさが知れよう。

テレビでは盛んに「命を守る可能性の高い方法をとってください」なんていうようなことを言っていたが・・・。

地球温暖化もいよいよ激しさを現わして来たか!

地球をひとつの生命体と考える「ガイア」理論というのがあるが、地球が生命体だとしたら、地球にとっての一番の害は人間であろう。

30年ほど前には25億人ほどだった人口が、いまや70億人を超えている。身体の中で増え続けるウィルスみたいなもんであろう。

地球が自らの身を守るには、人類を滅ぼさなければならない。今盛んに、このままAIの知能が進化したら、コンピュータは人類は不要という結論を出すのではないかと言われているが、さもありなんである。

何十年に一度の台風というのが、ここ最近は毎年日本を襲っている。今や一年に数度もの何十年に一度という大型台風が来ているではないか。

地球温暖化と云うことは、海水の温度も上昇するということである。海水温度が上昇すれば海水は蒸発する。蒸発した海水は雲になり、雨や雪となって地球に降りそそぐ。地球では水が循環しているのだから当然の帰結なのである。そこに台風が来て・・・。

地震も増えているし、火山の爆発もある。本当に地球が人類を滅ぼそうとしているのかもしれない・・・。

これをさて置くとしても・・・。

それにしても、物凄い被害である。今回は、東海、関東、東北では河川が20ヶ所ほども氾濫してしまった。予想を遥かに超えた大雨が広範囲に降ったということであろう。

もはや、地球温暖化は待ったなしである。今すぐ対策を取っても効果が表れるには10数年も掛る。こんなことは、私が地球環境問題を勉強し始めた1991年以前から言われていたことだ。20年もの月日を無駄にしてしまった。

もっと早くに対策を取るべきであった。こうなることはデータからも容易に予想できたはずなのに、実際に起こらないと対応がとれないというのが歯がゆいことである。

もはや手遅れなのかもしれない。