| トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2018-11-13-Tuesday 老人の犯罪

11日未明に横浜の商店街で

女性(34)が背中を刺された事件で、12日に神奈川県警は71歳の無職男性を強盗殺人未遂容疑で逮捕したと云うニュース。

映像で見ると、容疑者の男の容姿は71歳よりもかなり老けて見えた。

以前にこのブログで、今後は老人ホームなどに入れない老人が、刑務所に入る為に罪を犯すようになるだろうと予測しておいたが・・・。

刑務所に入った方が、衣食住の心配はないし、運動や作業などもあって暇をもてあそぶこともなく健康的で規則正しい生活が送れる。病気になっても医者が診てくれる。

入居資金もいらないから、下手な介護施設に入るよりも、よっぽど良いと考える老人が出てくるであろうと予測しているのだ。

今回の事件がこれに該当するのかは、まだ分からないが、ひょっとするとこの容疑者の風貌から推測すると・・・。

万引きなどの軽犯罪だと、せっかく刑務所に入れたとしても、直ぐに出所しなければならなくなる。

だから長期間刑務所に入ろうとするならば重犯罪を犯す必要があるのだ。もしも、これまで、ズッ〜と真面目に生きてきた人ならば、殺人未遂程度では、初犯ならば減刑されてしまうかもしれない。そうなれば、途中で出て来なくてはならなくなる。刑務所帰りの老人の行き場などはないだろうから、死ぬまで刑務所に入っている為には、未遂ではなく、殺人をしようと考えるのではなかろうか?それも複数人を殺して確実に・・・。

長く刑務所に入り、安定した老後を送る!

この考え方は極端にしても、国の高齢者対策は、すでに破綻している。

真面目に生きようとする人が苦しみ、犯罪者が優遇される矛盾が出てくるであろう。

オカシナ世の中になっているようである。


■2018-11-12-Monday テレビの取材

今日はテレビ局の取材が入った。

放送局は「静岡朝日テレビ」で、番組名は「ピエール瀧のしょんないTV」

放送枠は「木曜日の24:25〜24:55」だと云う。

聞いたことないなぁ〜、知らないなぁ〜と思ったら、北海道では放送されていないのだと云う。

エ〜ッ、放送されてもいない十勝に取材に来てどうすんのサ〜。

企画名は「わらしべ長者in帯広」で、俳優のピエール瀧と、広瀬と云う女性アナウンサーの二人が帯広市内の店や施設を巡りながら、わらしべ長者の様に物々交換をしていき、最終的にはどんな品物になるのかを検証する企画なのだと云う。

「しょんない」というのは方言で「しょうもない」ことだと云う。『「しょんない」ことに真実がある」をテーマに、マニアックなことなどをテーマに行う、大人の社会科見学的バラエティ番組』なのだと云う。

私が1階の展示スペースの入れ替え作業をしている最中に、外の看板を見つけてビルの中に入って来たのである。

撮影には、10名以上のスタッフが同行してきたので驚いた。これまでのテレビ撮影では最多のスタッフ数である。静岡から、こんなに大勢で撮影に来たの?

10数名の団体がテレビカメラや照明やマイクなどを持ってビルの前をゾロゾロと歩いて中に入って来たら、歩行者らも「何だ!なんだ!」と集まって来たのであった。

ピエール瀧は、朝ドラの「ととねぇちゃん」で、弁当屋の親父役で出ていた俳優である。

マジック・ミュージアムの看板が気になったので見せて欲しいのだと云う。

マジック・ミュージアムの前には「ばんえい競馬場」に行って来たのだそう。そこで交換したモノを、マジック・ミュージアムにある何かと交換して欲しいというのであるが・・・。

「ばんえい競馬」のタオル、蹄鉄、サイン入りの写真、コースター、マウスパッド、資料入れなどが紙袋に入っている。参ったなぁ〜、こんなモノ要らないしなぁ〜。

渋っていたら、ここはマジック・ミュージアムで不思議なモノを集めているから、もう1点、凄い不思議なモノを付け足しますと言って、ピエール瀧が「これは何と、少し前までは1万円の価値があった紙なのです。それが、アッと云う間にただの紙切れになってしまいました。どうです不思議でしょう?」と、ばんえい競馬ですった馬券を出して云うのである。もう笑うしかないなぁ〜。仕方がないので協力することにしたが・・・。

見たいと云うから、とりあえず、3階のマジック・ミュージアムに案内した。廊下に展示してある松旭斎天一・天二・天勝・天洋・石田天海・引田天功・島田晴夫・八田加寿雄・ジミー忍・ジョニー広瀬・そして私、坂本和昭のパネルが並んでいる。

錚々たるマジシャン達の写真を見ながら説明をしたが、最後に飾ってある私のパネルを見て「よくここに自分の写真を飾りましたねぇ〜」と云う。

以前に、お笑いコンビのサンドウィッチマンからも同じことを言われたが、ここはテレビ的には「突っ込み」易い所なのかなぁ〜?

ミュージアムの中に入るなり「ウワァ〜凄い!予想していた以上だ!驚いたぁ〜!」と云う。

一通り展示物をサァ〜ッと見るが、どうやら撮影の時間が押している様子である。展示物を見るだけじゃなく、私のマジックを見たいと云うので、カップ&ボールを見せたら、もう少し大掛かりなモノで、女性の広瀬アナウンサーを使って何か出来ないだろうか?と云うので・・・。「腕のギロチン」を演じたのであった。

放送日は、2019年1月10日と17日の2日間だと云う。

北海道では放送されないのだと云うから、静岡の友人にでも録画してもらおうかなと思っている。


■2018-11-10-Saturday ボヘミアンラプソディ

映画「ボヘミアンラプソディ」を見てきた。

伝説のロックバンドQUEENのボーカルで、45歳の若さでエイズで逝ったフレディ・マーキュリーの半生を描いた作品である。

妻が、予告編の時から見たいと言っていた映画である。

私もQUEENファンだったからには、見ずにはおられない。

例によって、封切り直後であるから、詳しい内容は書かないが、なかなか良い映画であった。

それにしても、よくぞ、こんなにソックリな俳優達を探してきたものである。4人のメンバーが全員が似ていたので驚いた。

これまでにQUEENの演奏する映像を何度も見ていたが、この映画を見るまでは、フレディが「出歯」であったとは知らなかった。実際のフレディが、そんなに気になるほどの出歯には感じなかった。

フレディ役の役者は、実物に似せる為に、歯を被せていたのであろうが、強調し過ぎの様な気もするが・・・。

妻はQUEENの曲は好きだったのだが、フレディの格好から、服装の趣味が合わないなぁと思っていたのだと云う。

私もQUEENの音楽は好きで聞いていたのだが、メンバーの個性にはあまり関心がなく知らなかった事が多かった。

初期のフレディは、髪も長くて「おかま」ぽかったが、急に短髪になって口髭を生やして、ビレッジシンガーズ風の「ゲイ」ぽく変身する。

エイズで死んだから、ゲイだったんだろうなぁ〜くらいにしか思っていなかった。

おそらく男女間の嫉妬よりも、男同士の嫉妬の方が激しいのであろうなぁ〜。

映画を見て、改めて、彼らの音楽性の素晴らしさや、フレディの唯一無二の歌声は感動的であることを再認識した。

聴き足りなかったので、自宅に戻ってから、昔のレーザーディスクを探し出してきて、ビールを飲みながら、同時代を生きて来た妻と二人で見たのであるが・・・。

フレディは大天才であるが、4人、それぞれが、素晴らしい音楽家であったのだなぁ〜。

音楽と云うのは、青春時代を思い出させてくれる。我々の世代の人間には必見の映画である。