| トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2019-08-12-Monday マジック・サーキット

今日の「マジック・サーキット」(13:00〜16:30)の会場は

幕別町百年記念ホールである。集合時間は11:30。

今日はこれと並行して大道芸の方では「とかちプラザ レインボーホール」で「サーカスの灯」(14:00〜15:00)と云うクラウン劇を行うことになっている。

まずは9:00に坂本ビル5階の控室に集合して、荷物の搬入の為にとかちプラザに出向き、設営のお手伝いを少しだけやり、11:00には幕別に向かう。

幕別の方は、お手伝いに帯広のマジッククラブ「サンドウィッチ」のメンバー4名に依頼してある。大道芸も手が足りないので、こちらはこちらで用意しなくてはならないのだ。

「マジック・サーキット」は3つの部屋を使って2組4班に別れた観客が移動して歩く方式を取った。

,良屋には、Dr.レオンとドリームぷりん

△良屋には、元はじめ

の部屋には、中島弘幸とTSUKASA

,鉢の部屋では1班25名の観客を相手に4回同じマジックを演じる。

△良屋では、2班1組50名の観客相手に2回のマジック教室を開くという趣向である。

夏休み中と云うこともあって親子連れが多かったが、中には苫小牧、札幌、旭川からのお客さんも居てビックリした。マジック好きに距離は関係ないようだ。

マジック・サーキットも大盛況で上手くいった。

後片付けをして15:30に解散し、私は一旦自宅に戻ってシャワーを浴びてから犬の散歩をして、17:00にとかちプラザに寄ってスタッフと話をしてから坂本ビル5階の控室に行く。ここでは、旭川方面からお手伝いに来てくれているメロン農家の鈴木さんが、メロンを切って皆に振舞っていた。

メロン丸ごと1個を8切れにカットしてもらいマジシャン8名の泊っているホテルに持って行って食べてもらった。

18:00からは、百年記念ホールのスタッフとマジシャンとの懇親会が帯広市内の「とっくり」で開催される。そこにマジシャンをご案内して私も参加して飲んだのであった。

久し振りの3連チャンである。

疲れていたので、接待はマジック・クラブの連中にバトンタッチして、私は自宅に戻ったのであった。


■2019-08-11-Sunday 大道芸

今日から大道芸がスタートする。

今年は1週間のロングランで、11日は「歩行者天国」(西2条南8・9丁目と広小路1・2区)とばんえい競馬場での公演だ。

9:30に坂本ビル5階の控室に集合。11:30からのスタートであるが、今日の時点では、まだ8組しか揃っていない。

2002年から、大道芸を始めて18年目、3年前にはこの大道芸に刺激を受けて「帯広ジャグリングクラブ」が出来た。去年から大道芸フェスティバルにも参加してもらっている。

まだまだ演技的には、素人芸であるが、芸事は上手い芸人を間近で見て芸を盗み、場数を増やすことが上達の秘訣なのである。

この経験が必ずや今後生きてくるであろう。

歩行者天国にはお客さんがあまり出て来ていないなぁ〜、もう少し人が大勢集まるのかと思っていたが、少々拍子抜けした気分である。

私はパンフレットをたくさん配って宣伝に努めたのであった。

16:00に終演、撤収して解散。

一旦、自宅に戻ってシャワーを浴びてから犬の散歩をして、休憩。

20:00に東京からプロマジシャン5名(Dr.レオン、中島弘幸、元はじめ、TSUKASA、ドリームぷりん)と奥さま3名の合計8名が来帯し、幕別町百年記念ホールで「マジック・サーキット」と云う催しを行うのである。

この招聘にも私が絡んでいるので、今日は、帯広の焼肉屋「平和園本店」にご招待してジンギスカンをご馳走することになっている。

十勝は食べ物で歓待するのが一番である。

ジンギスカンは、札幌のモノとは全然違って美味しいと大満足をしてくれたので、招待した方としても嬉しいことである。

皆はまだ飲み足りない様子であったが、ホテルの近くまで送り、私は自宅に戻った。連日の飲み会はけっこう疲れる。


■2019-08-10-Saturday 大道芸ナイト

今日の昼からのゴルフもキャンセルした。

今晩は大道芸のナイトパレードが19時から坂本ビル前を出発することになっており、18時には坂本ビルに集合することになっているのだが、前回6日の熱中症の後遺症が未だ癒えていないので大事を取ってキャンセルしたのである。

止めておいて正解であった。やっぱりまだ身体が本調子ではない。

18時少し前に坂本ビル5階の大道芸の控室に行くと、今年の出演者たちが集まっていた。

今年は音楽系の芸人が多くて楽しみである。

ナイトパレードは、坂本ビルの前を出発し、音楽を鳴らしながら市内をパレードして宣伝する趣向である。

私も、燕尾服風のTシャツを着て、シルクハットを被り、目にはモザイクに見える長四角いサングラスをして、拍子木を鳴らしながら歩いた。

坂本ビルの道路を挟んだ正面でやっているビヤガーデンの舞台で大道芸人が3組ほど演じて明日から始まる「とかち夏空大道芸ウィーク」の宣伝をし、そのまま「北の屋台」に向かい、そこでも宣伝をしてから坂本ビル5階の控室に戻った。

芸人8人ほどを北の屋台の卒業生がやってる「オブリガーダ」に連れて行って、明日から頑張ってもらうように十勝の名物料理をご馳走をした。

十勝に来てもらってまずは食べ物で喜んでもらうのが一番である。