| トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2018-06-18-Monday 大阪で地震

昨日、群馬で震度5弱の

大きめの地震があったばかりなのに・・・。

今朝の8時前(正確には7:58)に大阪で震度6弱の大きな地震があった。

私は自宅で朝食を終えてトイレに入ったところであったが、テレビを見ていた妻が「大阪で震度6の地震!」とトイレの前まで来て教えてくれたのであった。

すぐにトイレを出てテレビのニュースを見たが、地震の被害状況はある程度の時間が経過しなければ判明しないものだが、95年の阪神淡路大震災の時のような甚大な被害は少ないように見える。

あの時の教訓が生きているのかもしれない。

それにしても、昨日も千葉や群馬の地震のことをブログに書いたばかりなのに・・・。

それにしても、大地震の危険性を喧伝している南海沖や東京では地震が起こらずに、地震が少ないと思われている群馬で起きたりするのは何故なんだろう?

地震発生の空白地帯というのが怖いなぁ〜。

東京に行く時には、しっかり心の準備をしておかないといけないかもしれないなぁ〜。


■2018-06-17-Sunday 地震

今日の15:27に群馬県で

震度5弱の地震が発生した。

昨日(16日)11:09には千葉県でも震度4の地震が発生している。これは、いよいよ東京でも大きな地震が起こる前触れかもしれないなぁ〜。

十勝も地震多発地域であるから、心配ではあるが、人口が多くはないし、家も寒冷地仕様で基礎や土台をしっかりと造っているから、そう大きな被害はないのだが、本州の古い家は基礎や土台がほとんど無いものもあるし、住宅も密集しているから火災でも起きたら大惨事になる。

近い内に東京に行かなければならない用事があるのだが、何だか怖いなぁ〜。

世界中のあちらこちらで火山が噴火しているし、地球が活動期に入ったのかなぁ〜。


■2018-06-14-Thursday 辞任

今日付けで、

長年務めて来た母校、帯広柏葉高等学校の同窓会の文化部長を辞任した。

私の父親も、文化部長を務めていたから、親子二代に亘っての役職であったが、還暦を期に後進に道を譲ることにした。

今後は、その他の公的な仕事も、後継者が決まり次第に辞任していくつもりである。

去年の前立腺癌治療の入院によって、自分の残された人生の中でやり残していることを全て成就させてから死にたいと考えるようになったのである。

去年受けた陽子線治療はお陰様で上手くいったから、担当の医者からは10年生存率は最高の98%だとも言われている。前立腺癌は進行の遅い癌であるから、今後、私が前立腺癌で死ぬことはないであろうと思っている。しかし、人間だから、他の病気や事故で、いつ死ぬかなんてことは誰にも分からない。

自分が気を付けていても、道を歩いている時に、車が突っ込んで来るかもしれないし、突然、見知らぬ暴漢に襲われないとも限らない。

もともと我が家は短命の家系である。父親が64歳、祖父が67歳で亡くなっている。父の享年までだと後4年、祖父の享年でも7年しかない。

今後の人生は、5年間毎の計画を立てて、まずはその最初の5年間が無事に過ぎたら、次の5年間計画に移行していこうと思っている。とりあえず少しでも身軽になっておきたい。

幸い、柏葉高校の同窓会は人材も多いし、今年、会長が新しく就任したから役員もかなり若返った。私が一人抜けても何の支障もないであろうから、こういう盤石な組織から足を抜いていくことにしたのである。

辞任届を書いたら、何だか急に肩の荷が軽くなった様な気がした。たいした仕事もしていなかったのだが・・・。