| トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2021-07-29-Thursday 伐採

会社の駐車場に植えてあるエゾヤマモミジの樹が

朽ちてきたので11日に伐採した。

1994年11月に退店した店子のおでん屋「弁慶」の建物を壊した跡地に、95年4月に植えた樹である。

「弁慶」の建物は祖父の勝が昭和8年頃に建てた木造の貸家で、店子の鈴木さんは当初板金屋であった。終戦後におでん屋を始めたが、おでん屋の跡を継いだ三男の孝昌氏が10番地にビルを建てて移転したので古い建物を取り壊して駐車場にしたのである。殺風景であったから、ランドマークになる様な大きな樹を中央部に植樹したいと考えて、造園家に依頼して大きくて形の良いエゾヤマモミジを移植したのである。

紅葉であるから、夏は葉は青く、秋になると赤くなってくる。冬に葉が落ちると電飾イルミネーションを付ける。四季を通して変化を楽しめるように考えたのであった。

山からの移植と植樹を造園家に、花壇の土台造りを建設会社に依頼した。どちらも青年会議所のメンバーであった。

専門家同士で打ち合わせをしっかりやって植樹して欲しいと依頼したのであったが・・・。

この両社はまったく相談なしで植樹をしてしまったのであった。

建設会社の人は、樹の周りをコンクリートでガッチリと固めてしまったのである。

ド素人の私でも、樹をコンクリートで固めるなんて愚行はしない。根に水が届かなくなってしまうからだ。そんなことは誰でも解ることであろうに。

あぁ、それなのに・・・。

「何故、造園家と相談しないでコンクリートで固めたんだ!」と怒ってももう後の祭りであった。急遽、コンクリートを剥がせる場所は剥がして水が浸透するように少しは工事をやり直したのであったが・・・。

案の定、水が十分に根に届かずに徐々に樹が枯れだしてしまったのであった。

最初は形の良かった樹が、枝が枯れ始めて危険になったので半分を切って形が悪くなってしまった。それでも樹は強い。半分だけでも生き残っていたのに・・・。

7月の初旬に樹の根本にポッカリと大きな穴が開いているのを見つけた。かなり大きな穴である。造園家に診てもらったら強風で倒れる危険性があると言うので、とても残念であるが根元から伐採することにしたのである。

伐採してみたら、樹の中央部分がスポンジ状のスカスカになっていた。移植してから26年間しかもたなかった。だが、大きな事故が起こる前に伐採して良かったとも思う。

移植時に土台を造った建設屋は、施主に何の相談もなく独善的に、勝手に仕事をしてしまう癖があったようだ。後に、務めていた建設会社で、施主の意向をまったく聞かずに勝手に工事をして大きなトラブルになり、会社をクビになってしまったのであった。

やはり、事前の打ち合わせというのは重要なことであるなぁ〜。改めてそう感じたのであった。


■2021-07-28-Wednesday イメージチェンジ

コロナ禍で他人と会う機会が著しく減ったのを活用して

大きくイメージチェンジを図ろうと企てた!

まずは髪型である。

以前は20日に一度は床屋に散髪に行って短髪にしていたのだが、3月31日に行ったきり4カ月間も散髪をしないで髪の毛を長く伸ばしてみたのである。

元々が癖毛で長く伸ばすとクルンクルンと丸まってくる。後ろ髪や横髪が跳ね上がるようになってきて、いよいよ長さも限界に達した様なので、4ヵ月振りに床屋に行って来た。

先客が居たので、時間潰しに待合でヘアースタイルの本を見ていたら・・・、急にパーマを掛けることを思い付いた。自分の頭の中では、菅田将暉の髪型のイメージがパッと浮かんできたのである。

自分の番になって散髪用の椅子に座った。

小学生の時から通っている馴染みの床屋さんであるから座るなり「いつも通リの髪型で良いかい?」と言われたのに、「パーマを掛けて欲しい!」と依頼したのである。

44年前の大学2年生19歳の夏休みに帰省した時に、同じ床屋さんで、成人前にイメージチェンジがしたくてパーマを掛けたことがあったが、パーマはその一度きりで止めた。

まるで大仏さんの様な感じになってしまったからである。

この時は大学に戻る前に、もう一度床屋さんに行って短髪に刈ってパーマを取ったので、半月間のパーマ姿であった。

その時のことを憶えていたようで「珍しいね〜、随分以前に家でパーマを掛けて以来じゃないの?」と言う。

「コロナで他人と会わないから、その間に思い切りイメージチェンジしてやろうかと思ってさ」と答えた。

さて、仕上がり具合は?・・・・

家に戻ったら、私の顔を見るなり妻が笑うこと、笑うこと。

私が「菅田将暉のイメージだったんだけどなぁ〜・・・」と言ったらば「昔の林家三平みたいだ」と笑って言う。なんと失礼な!

早速スマホで写真に撮って娘のところに送付していた。

フン!笑うがいいさ!まだ見慣れていないだけさ・・・。


■2021-07-27-Tuesday 最近の住宅建設

犬の散歩道の途中では

新築の住宅が4軒も建設中である。

その出来あがるのの速いこと速いこと、驚いてしまうね〜。

最近の住宅の建築方法は、木材を予め工場などで加工しておいて、現場には運んで来て組み立てるだけのようである。現場でカンナ掛けや、のこぎりでほぞを切るような作業はしないみたいだ。

まるで、プラモデルでも組み立てる様に、ボルトとナットで締めていったり、壁材も釘打ち機でバスンバスンと打ち付けるだけである。昔みたいにカンナ屑やおが屑が工事現場で風に舞うなんて姿はまるで見掛けなくなった。

世の中はコロナ禍で、木材不足だとか価格高騰だとか言って騒いでいたばかりだったし、コロナ禍不況だとばっかり思っていたのだが・・・。

我が家の近所でこんなに家が新しく建つのだから、ひょっとして景気は悪くはないかもしれないなぁ〜。

でも、どんな世の中であっても景気の良い人ってのは居るものらしいしなぁ〜。

地元の新聞によると、帯広市の住み良さが北海道で一番になったとの報道があった。

私も、帯広・十勝は日本で一番住み良い場所だと思っている。

だが・・・。

今年の暑さは異常だ!昨日までに10日連続で気温が30℃を超えた。これは観測史上70年振りのことらしい。天気予報では、今日は久しぶりに傘マークが付いていたのだが、夕方になっても霧雨がパラパラと降っただけで、乾燥してしまった土は依然として乾いたままである。

このままでは十勝を支えている農業も旱魃被害が起こる可能性が出てきた。

早く、ザァ〜ッと一雨来て欲しいものである。