«前の日記(■2017-10-08-Sunday) メイン 次の日記(■2017-10-10-Tuesday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2017-10-09-Monday 3連休

札幌には遊びに来ているわけではなく

あくまでも前立腺癌の治療の為に、滞在しているのであるが、土日祝日は病院が休みで、当然治療も休みであるから、7・8・9日の3連休は、身の置き所が無くて困る。妻も日曜日には帯広に戻ってしまったし・・・。

治療は1日1回で所要時間は30分程度でしかないが、それでも、その治療を中心にして一日のスケジュールが決まるから、治療のある日はまだ気持ちが落ち着くのである。

大好きなアルコールも5月19日からは4ヶ月以上も一滴も口にしていない。酒を飲み始めてから約40年にもなるのだが、これほどの期間禁酒するのは初めての経験であるから、夜の過ごし方に戸惑っている。口寂しいものだから、ついついチョコレートを口にしてしまう。暇なものだから、毎日、コンビニに顔を出しては水や雑誌を買うついでにチョコレートも籠に入れてしまうのである。

いつもは寝酒をやってから寝ていたのに、禁酒にプラスして、固いベッドマットレスにはなかなか身体が慣れなくて、熟睡が出来ずに夜中に数度、目が覚めてしまう。

陽子線治療の副作用もないから、身体はいたって健康なのであるが、腹部への圧迫が禁じられているから、ゴルフなどのスポーツは控えている。腹筋運動も禁止されているから、運動といえば歩くだけである。

毎日、毎日が暇であるから、起床してすぐの体重を毎日計るようにしているが、増減はあるものの少しずつだが太ってきているように感じる。一時は凹んだお腹も、ここ最近は再びポコッと出てきたような気がするのである。

ホルモン療法の副作用には、女性ホルモンが増えることによって脂肪が付き易くなるとあるから、治療が終わったら、腹筋を鍛え直さなければ・・・。この女性ホルモンの影響である胸の乳首が下着に擦れての痛痒さは収まったのだが、思春期の女の子ように少し膨らんだオッパイが元には戻っていない。このままでは、夏にTシャツが着られなくなるかもしれない、でも、見ようによっては相撲取りみたいと言えなくもないかも・・・。

髭の濃さには変わりがないようだが、頭髪は少し濃くなったような気がする。目下のところ一番困っているのは、突然の発汗のホットフラッシュである。何の予兆もなく突然に汗がドッと噴き出て来る。タオル生地のハンカチは必需品である。

さぁ、治療も後10回!早く終わって欲しいなぁ〜。