«前の日記(■2018-01-10-Wednesday) メイン 次の日記(■2018-01-12-Friday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2018-01-11-Thursday

今日は1月11日でワン、ワン、ワン。

オマケに11時11分を足して、1が7つ連続する日時に、SONYが新型のアイボを発売した。

かつて、我が家では2匹のラブラドールレトリバーを飼っていたが、2匹とも死んでしまってからは、しばらく生き物は飼っていない。

夫婦ともに60歳になって、3人の子供たちも皆、独立したから、現在は夫婦二人きりだけでは寂しいと妻が言うようになった。

最近、ホームセンターのペットコーナーに行く度に「ねぇ、犬を飼おうよ」としきりに私に言うのである。

犬の寿命は12〜15年位は生きているであろうから、犬より先に我々が死んでしまうからと拒否しているのだが・・・。

今日のニュース映像を見て、私がアイボなら欲しいなと言ったら・・・。

妻は、「これは老人が買うなら良いが、小さい子に買い与えるのはよろしくないオモチャだ」とひとりで憤慨している。

犬は噛み付くことだってあるし、生き物だから食事をして排泄もする。機械でキレイなところだけ見せて、しかも、噛み付いたりされて痛い目に会うこともないし、ウンチやオシッコの後始末もしないなんて、かえって生き物とは何かを肌で感じられなくさせる代物だ。子どもの教育にはつながらないと怒っている。

最近、妻はやたらと怒りっぽいのである。きっと更年期障害って奴だろうと思う。私の女性ホルモンを分けてあげたいくらいだ。

「でも、年寄りなら、ちょうど良いオモチャかもね。買っても良いよ」と言うではないか。

最近、マジック・ミュージアムの整備で、お金を使っているから、アイボなんて買ったら、また怒られると思って申し込みもしなかったのだが・・・。

ニュースでは、もう数日間、予約を受け付けると言っていたから、すぐにPCでSONYのサイトを検索したが、もう予約は一杯になったという。残念である。

ロボットのおもちゃは日進月歩であろうから、すぐにもっとスゴイのが出来るさと諦めたのであった。