«前の日記(■2018-08-02-Thursday) メイン 次の日記(■2018-08-04-Saturday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2018-08-03-Friday 特殊詐欺?

自宅の住所で妻宛てに不審なハガキが届いた。

「消費料金に関する 訴訟最終告知のお知らせ」との表記である。

文面は「この度、ご通知致しましたのは、貴方の利用されていた契約会社、もしくは運営会社側から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事をご通知致します。管理番号(わ)293裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始させていただきます。尚、このままご連絡なき場合は、原告側の主張が全面的に受理され、執行官立会いの下、給与差し押さえ及び動産、不動産の差し押さえを強制的に執行させていただきますので、裁判所執行官による執行証書の交付をご承諾いただきます様お願い致します。裁判取り下げなどのご相談に関しましては、当局にて承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。尚、書面での通達となりますので、プライバシー保護の為、ご本人様からご連絡いただきます様、お願い申し上げます。」とある。

8月2日に届いたのに「取り下げ最終期日が平成30年8月3日」とわざわざ太字で強調してある。相手に与える時間を少なくして焦らせる作戦であろう。

送付してきたのは「法務局管轄支局 訴訟最終告知通達センター」で住所は「東京都千代田区霞が関2丁目6番1号」「取り下げ等のお問い合わせ窓口 03-6732-05△△ 受付時間9:00〜20:00(日、祝日を除く)」とあるが、おそらく架空のモノであろう。

妻にはまったく身に覚えがないと云うから放っておいたが・・・。

もしも電話を掛けてしまったら、その番号は「詐欺に引っ掛かり易い人リスト」に登録されて、次から次へと新たな詐欺で攻めるのだろうなぁ〜。

特殊詐欺の連中も次から次へと、いろんな手を考え付いて実行するもんだなぁ〜。こんなモノに引っ掛かる人が未だに居るんだから・・・。

でも、何で妻宛てに届いたのだろうか?

そう云えば、最近、妻はネットでモノを買ったことがあったが、その住所、氏名などが犯罪者に渡ったのだろうかなぁ〜。