«前の日記(■2018-12-05-Wednesday) メイン 次の日記(■2018-12-07-Friday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2018-12-06-Thursday 監視社会

イヤ〜ビックリしたなぁ〜!

ハロウィーンの夜に渋谷で、軽トラックを横転させてその上で飛び跳ねていた奴ら4人を逮捕したと言うニュースには驚いた。

犯人らはハロウィーンだから仮装していただろうし、現行犯ではなかったから、捕まえるのは難しいだろうなぁと思っていたのだが・・・。

何と、防犯カメラの映像をズ〜ッと順に辿って行って、遂に一番遠いのは山梨県の富士吉田市に居た犯人を確定させたと言うのである。

もう、全国にそれだけの数の防犯カメラが設置されているのだと言うことにも驚いたが、それを順番に辿っていけるなんて・・・。

犯罪の抑止力には成りえるのかもしれないが、でも、こんな監視社会は嫌だなぁ〜。ズ〜ッと誰かに監視されているのかと思うとゾッとする。

昔見た映画の中の未来監視社会の様な感じがてしまった。

そうなったら自由なんて無くなってしまう。

スマホに内蔵されたGPSで何処に居るのかはすぐに分かるし、キャッシュレス社会になったら、いつどこでどんなモノを購入したのか、個人情報が丸裸である。

プライバシーがどうのこうの、個人情報がどうのこうのと言ってるのと、まるで逆行していないだろうか?

自動販売機の前に立っただけで、AIが情報から判断して自分の好みのモノがパッと出てくるなんてことを想像したら、気持ち悪いことこの上ない。

便利さを餌にして、何か恐ろしいことを計画しているのではなかろうか。

国家が国民を完全にコントロールしようとしているかなぁ〜?

そんな社会には生きていたくないなぁ〜。

私は、ほどほどの便利さで十分なんだけどなぁ〜。