«前の日記(■2018-12-06-Thursday) メイン 次の日記(■2018-12-08-Saturday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2018-12-07-Friday 字幕放送

4日、札幌の北大病院に検診に行った際に

待ち合い室のテレビにNHKの番組が映っていたが、その画面には文字放送の字幕が表示されていた。

去年、入院していた際にも、待ち合い室のテレビで文字放送の画面を見ていて、それまで、まったく聞き取れなかった朝ドラのテーマ曲を唄っていたサザンオールスターズの桑田佳祐の歌詞が初めて理解出来たことを思い出した。

今、放送されている「まんぷく」の主題歌を歌うドリカムの吉田美和の歌詞もまったく聞き取れない。

毎朝、妻と、いったい何て唄っているんだろう? 最初は「丸まってる背中に貰い泣き〜」と唄っているんだろう、なぁ〜などと分析を繰り返していたのだが、全文はまったく分からなかったのである。

もともと、吉田美和の歌は、歌詞がメロディに乗らない唄い方をするから、歌詞カードを見なければ聞き取ることが困難でまったく理解が出来ない歌が多いのだ。

すると、ちょうど「まんぷく」が始まったので、画面を注視したのである。

歌詞を見て驚いた!

まるで想像していた歌詞とは異なっていたのだ。ただ、最近はモノ憶えが悪くて歌詞はすぐに忘れてしまったが・・・。

文字放送は病院に設置してあるテレビでなければ映らないのかと思い込んでいたのだが、自宅に戻って、リモコンをあれこれ触っている内に、自宅のテレビでも文字放送が見られることが分かったのである。

再度、朝ドラの時に、字幕を出して妻に見せたのであったが、妻も、エ〜ッこんな歌詞だったのと驚いていたのであった。

聞き取れなかった時には「カシスボーイ」と云う意味不明の言葉に聞こえて夫婦で???であったのだが、この箇所が「付き合うあたしすご〜い」であると判明して大笑いした。

きっと、NHKの朝ドラ視聴者の中には、主題歌の歌詞が聞き取れないと言う苦情が噴出しているのではないだろうかなぁ〜。