«前の日記(■2019-02-02-Saturday) メイン 次の日記(■2019-02-04-Monday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2019-02-03-Sunday 東京

3日に上京した。

本来の仕事は明日4日(月)に「公益社団法人 日本奇術協会」の新年会で特別セミナーの講師として90分間の講演をする為である。

長期の天気予報では4日の北海道は荒模様のようである。この時期の北海道からの移動には天候のリスクが付き物で、飛行機や列車が遅れることはしょっちゅうであるし、遅れるだけならまだしも、運行停止という事態もかなり起こる。

私が、現地に行かなくても大丈夫な行事ならば、行けなくなったことを諦めれば良いだけのことであるが、私が居なければ始まらない今回の様な行事であれば、到着出来ないことは主催者側にも迷惑が掛かるし、私も時計を見ながら慌てることになる。

この経験則は「北の屋台」で全国各地を講演して歩いていた時からずっと付いてまわってきていたのである。

万が一、天候が理由で、行けなくなったのであれば、一応、言い訳は立つのであるが、私の講演を聴くために集まってくれた聴衆をガッカリさせるわけにはいかない。

私が一日早く行っていれば良いことなのである。

幸いにもスケジュールが混んでいる訳ではない暇人であるから・・・。

この機会に、東京に居る高校の同級生らに声を掛けてもらい、ミニ同窓会を開いてもらったのである。

会場は新宿の居酒屋で集合時間は17:30ということである。

この日(3日)は16:05〜17:20まで、私が出演するテレビ番組「コツコツ人生館」の放送日である。携帯電話のワンセグで見れるからと思って会場に向かったのだが・・・。

ちょうど、私が出演していた時間帯に地下鉄に乗っていたので、電波が悪くて視聴不能であった。

残念ながらリアルタイムでは視聴できなかったのである。それでも自宅で録画してあるから帰宅してから見ることにしたのだったが・・・。

見た人たちから、私の携帯にドンドンとメールが入ってくる。

全国放送の番組であったので、全国各地の知人らに「テレビに出演するから見てね!」と知らせておいたのである。

これが裏目に出てしまった様だ。

「笑っちゃうほど短時間の出演だったね!」とか「何これ!他の人に比べてあまりにも短い時間だったね!」とかのメールなのである。

私は見ていないから、「何分間くらいの放映時間だった?」と尋ねたら、「2分程度だったよ」と言う。90分番組で5名のコツコツさんの紹介で私がたったの2分?!

まぁ、以前のこのブログにも書いたけど、収録時から、私と他の4人のコツコツさんとの違和感はあったのだけどね。予想した通り収録の時間調整用の要員だったのであろうなぁ〜。

テレビって怖いもんであるなぁ〜。このわずか2分間の為に、帯広での2日間の撮影と、私が東京に出向いての撮影に3日間も要したのに・・・。

まだ、このブログを書いている時点で見ていないけど、今後は、ちゃんと枠(放送時間)を確保してくれる番組のオファーしか受けないようにしようっと!

高校の同級生らとは、健康の話、定年の話、など等、還暦過ぎの親父の愚痴でおおいに盛り上がったのであった。

同じ時代を同じ高校で過ごした仲間は永遠である。楽しいひと時であった。