«前の日記(■2019-02-05-Tuesday) メイン 次の日記(■2019-02-07-Thursday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2019-02-06-Wednesday 健康寝具

出張から戻ると足腰が痛い。

普段、帯広では長距離の徒歩はしないで、自動車に乗っての移動ばかりであるが、東京では電車や地下鉄の乗り継ぎだけでも、結構な距離と階段の昇り降りがある。

今回は、久し振りに神田神保町の古本屋街などを歩いたりしたものだから、両足の脛の筋肉が攣りそうになったのであった。荷物を持ちながらの移動であるから、腰にも負担が掛かったのであろう。

ホテルの慣れないベッドマットと枕で、身体が休まらなかったのかもしれない。

帯広に戻って整体に行って出張の話をしたら「坂本さん、自宅でどんなベッドに寝ていますか?」と聞く。25年程前に、腰痛に良いと思って、高額なウォーターベッドを購入し、それに寝ていると言ったら・・・。

「坂本さん!ウォーターベッドは腰に一番良くないんですよ!最近は堅めのマットが主流なんですよ!」と云うのである。

「腰が沈むから、坂本さんのそのポッコリと出たお腹はウォーターベッドのせいかもしれませんよ!」と云う。指摘されると、確かに思い当たる節がある。

どんなベッドマットが良いのか?と尋ねたら・・・「家に良いマットと枕があるんですよ〜!」と云う。

「1ヶ月間無料でレンタルしますから使ってみて下さい。最初は固めだから慣れないと寝苦しいかもしれませんけど・・・」と云うので借りて来て、試しに寝てみたのである。

確かに、これまでのウォーターベッドとは段違いの固さである。ウォーターベッドに比べたら板の様で、まるで身体が沈み込まないのである。寝ると背中が痛くなる。枕も固くて、頭よりも首を枕に乗せて寝るのだと云う。

整体の理論上は寝ている間に、背骨を伸ばすんだそうである。首もアーチを保たないとストレートネックだと負担が掛かって肩こりの原因になるのだそう。頭を乗せる枕は肩こりの原因になるんだとか・・・

とりあえず一日だけでは判断が出来ないから、1ヶ月間使ってみることにしようと思う。

何だか最近、水とか寝具とかで健康に気を遣っているなぁ〜。

でも、水も睡眠も毎日のことだから、理論的に納得できる方法をやってみようと思っている。1ヶ月後がお楽しみ。