«前の日記(■2019-08-04-Sunday) メイン 次の日記(■2019-08-08-Thursday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2019-08-06-Tuesday よせばいいのにマタマタ!

1日おいて今日もゴルフ

今日は、帯広青年会議所のゴルフ好きの人が集う「ジュエルクラブ」のコンペである。

帯広は今日も暑い!天気予報では30℃超えの予想である。

会場は帯広白樺カントリークラブ、12時スタートである。

全英女子オープンゴルフ大会で、日本人の渋野日向子(20)が樋口久子以来の42年振りの優勝をした模様をテレビで何度も見ていると、私も俄然ヤル気になってきたのである。単純だなぁ〜。

渋野のニコニコと笑いながらプレイする姿を見ているとゴルフって楽しいもんだなぁ〜という気にさせられる。

今日も完全装備で臨んだのだが・・・。

桜アウトコースからスタートした。汗が激しく出て、すぐに全身が汗でビチャビチャになった。今日の汗のかき方は普通じゃない気がした。顔を拭くタオルもビチャビチャになった。

5番ホールの第2打を打つ時に、少しクラッときたが、そのまま振ったら見事な空振りをして転びそうになった、空振りなんて4,5年振りのことである。

次のショットも、また次のショットも、更に次のショットもチョロ、チョロ、チョロ。クラブがボールにまともに当たらないのだ。頭がボーッとしてきて、頭痛もし始めた。これは熱中症になってしまったかもしれない。このままでは同組の人に迷惑を掛けると感じたのでリタイアを宣言し、6番ホールのティグランドの日蔭のベンチで待つことにした。

同組の人が支配人に電話してくれて、車で迎えに来てもらった。私一人だけクラブハウスに戻り、氷で首や頭を冷やして1時間半ほど安静にしていたら、頭痛と汗が収まったので帰宅した。

こんなことは初めてである。

さすがに、この暑い中でほぼ3連ちゃんのゴルフと云うのは、体力的に無理だったのかもしれない。

帰宅してニュースをみたら、今日の帯広の最高気温は34.0℃であった。

もしも、あのまま続けていたら、途中で倒れていたかも・・・。

まぁ、大事に至る前に、自ら止めたのであるから、まだ自制心があるだけましだったのかも・・・。

今後は、あんまり暑い中でのゴルフは控えるようにしよう。