«前の日記(■2019-09-02-Monday) メイン 次の日記(■2019-09-06-Friday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2019-09-04-Wednesday 久し振りのゴルフ

3日は8月18日以来半月振りのゴルフである。

酒好きの男たちが集まって行う「飲んべ親父の会」のコンペであるが・・・。

この間は一回も練習をしていないし、運動も朝夕の犬の散歩くらいしかしていない。

こりゃ〜どのみち良いスコアで上がれるはずがないと思っていた。

会場は、帯広国際カントリークラブの東・中コース。案の定、低目安定のスコアで47・45の92打であった。

私のオフィシャルハンディキャップは11.0であるから、グロス92打ならネットスコアが81打になり、9オーバーで全然お話にもならないスコアなのだが・・・。

この日のコンペは「シングルぺリア方式(18ホール中、6ホールの隠しホールのスコアでハンディキャップを算定する方式」であった。

最近は、より公平な「ダブルペリア方式(18ホール中12ホールの隠しホールのスコアでハンディキャップを算定する方式)」でハンディを決めるコンペが多いのだが、シングルぺリアにすると、下手な人でも「運」で上位になれる可能性が高くなる。

酒飲みの会であるから、よりギャンブル性が高い方式を好むのかもしれない。

コンペが終了した後は、一旦それぞれがバラバラに自宅に戻る。表彰式を兼ねて市内の仲間がやっている居酒屋に18時に集合して、酒を飲みながらワイワイと楽しむのである。

表彰式まで、順位は幹事しか知らないのだ。

私の成績は、何と準優勝であった。

ダブルボギー(パーよりも2打多く叩いたスコアで通称ダボ)を叩いたホールばかりが隠しホールに該当し、ハンディキャップが何と21にもなったのである。

これだから、ゴルフは面白い。

賞金で飲み代が賄えたので、タダ酒を飲んだ気分であった。