«前の日記(■2019-11-28-Thursday) メイン 次の日記(■2019-11-30-Saturday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2019-11-29-Friday JCOB会

28日の18:30から北海道ホテルで

帯広青年会議所OB会のサヨナラパーティが開催されたので出席してきた。

今年の会長輩出年度は昭和38年生まれ。

私も昭和33年生まれ年の代表として5年前にOB会長を務めたから、スケジュールが合えば極力OB会の例会には参加するように心掛けているのだ。

私は33年の早生まれだから、学年は32年生まれの連中と一緒である。ここ最近、32年、33年の出席率が悪かったのだが、この日は珍しく大勢が出席してテーブルが一つでは足りなくなったのであった。

いつもなら、会場入りするなりすぐにお酒を飲み始める会なのであるが、近年は「乾杯」まではノードリンクで進行しているようだ。

この日の挨拶は、誰もが皆、長〜い。乾杯まで30分以上も挨拶するのだから・・・。

現役の理事長が、新入会員の募集状況を説明していたが、20名の目標に対して今日現在で18名が決まったと言う。後2名を何としても決めたいと熱の入った挨拶をしていたのであった。

私が現役の頃は280名もの会員が居たのであったのだが・・・。

現在の現役会員数は58名で、しかも、その内の10名が卒業する会員であるというから・・・。

背景には少子化ということもあるのだろうが、奉仕活動というのを、団体でやるよりも個人的なボランティア活動で行う人が増えているのであろうなぁ〜。

新入会員予定者の名簿を見せてもらったが、さすがに帯広青年会議所も62年も経つとOB会員の二世や三世までいるようになったのだなぁ〜。

パーティは出し物もなく、ただ酒を飲みながらテーブルの仲間と話をするだけ、お楽しみ抽選会も、私はこれまでに当たったためしがなかったから・・・。

今年の趣向として抽選をする人を歴代のOB会長がすることになり、私も登壇して抽選をしたのだが・・・。

何と自分で自分に「長いも5繊廚鯏ててしまったのであった。

特賞は大きなテレビであったが、同じテーブルの33年会員に当たったのであった。

他のメンバーが当ったのは、食事券や商品券などの紙でポケットに入れて持ち帰れるが、私が当った「長いも」は5舛發△辰峠鼎燭いら、2次会に行くのをやめてタクシーで帰宅したのであった。