«前の日記(■2019-11-30-Saturday) メイン 次の日記(■2019-12-06-Friday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2019-12-01-Sunday エッ熊!?

昼に、帯広小学校のグランドで熊が射殺されたというニュース!

エッ、我が母校の帯広小学校だって?!日高山脈に近い広野小学校の間違いじゃないの?

1日夜の午前2時前に帯広市西16条南31丁目の住宅街で「路上を熊が歩いている」という110番通報があったという。

警察が付近を捜索していたが、午前4時前に西12条南17丁目の住宅の庭で目撃情報があり、午前7時前には西8条南5丁目の帯広小学校の校庭に逃げ込み、約4時間にわたって校庭の木に登ったままになっていたが、11:03に猟友会の会員が射殺したという。

日曜日で良かった。平日の登校日であったなら・・・。

可哀そうだが、万が一生け捕りに失敗したらと思うと・・・。

どうやら、このルートの側を流れる「ウツベツ川」の川岸に沿って逃げていたらしく、街中の道路を逃げていたわけではないようなのであるが・・・。

我が家の住所は西6条南14丁目であるから、西12条南17丁目とはわずか800m位しか離れていない、近くと云えばかなり近くなのである。

犬の散歩のコースにしたならば、もっと近いのだ。いつも歩く場所とはわずか300mほどしか離れていない、ただ時間帯が違ってたので・・・。

それにしても・・・。

札幌は山が中心街の近くにあるから、街中に熊がよく出没するニュースが流れるが、帯広市の中心街は平野のど真ん中であるから、山からは30前未睥イ譴討い襪里之Г出てくるのは考えられないのだが・・・。

30年ほど前に野生の鹿が、我が社の前の道路を走り、30mほど離れたビルの中に入って捕まったと言う事件があったのであるが、その時も、鹿は川を伝って街中に出て来たらしい。

今回もおそらく、川岸を伝って街中まで出てきたのであろうが、いやはや驚いたなぁ〜。

鹿が街中を走った事件があったから、藤丸前、六花亭前、帯広駅前にはエゾ鹿の銅像が建っている。

今度は、帯広市内にヒグマの像を建てなきゃならないなぁ〜。

あっ、そう云えば、我が社には熊が立ち上がっている1m60僂曚匹旅發気梁腓な木彫像があるんだがなぁ〜。こんどもっと目立つ場所に置こうかなぁ〜。