«00145 メイン
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2020-01-01-Wednesday 2020

新年明けましておめでとうございます

2020年の幕が開けた!今年はオリンピック・パラリンピックが東京(札幌でも)で開催される。

近年、地震、台風、大雨などの大きな災害が続いているから、せめて期間中には発生しないことを祈ろう。

去年の3月中旬に義母(妻の母親)が急性心筋梗塞で急逝したので、年賀状を出さなかったのだが、これを機会にもう出すのは止めようかと考えている。

大晦日もそれらしい雰囲気も無かったが、元旦も同様で、何処か誰かの家に年始の挨拶に行くこともないし、訪ねて来る人がいるわけでもない。

初詣も、元旦は混んでいるし、お屠蘇を飲んでしまったから、運転するわけにもいかないので2日にすることにしたし・・・。

おせち料理も、去年から簡単なものになったし、買わなくもなった。元旦の朝食はお雑煮だけである。

朝から、テレビでお笑いの番組を点けっ放しにして、耳で聞きながら、面白そうだったら画面を見る。これもつまらないので、途中からは読書をする。

ここ2〜3日、妻は眠れないと嘆いているのだが、私は逆にやたらと眠たくなるし、また眠れるのである。

子ども達が帰省しているから、まだ話し相手がいる分だけ家の中は明るいが・・・。

こうして、正月という「ハレ」の日は「ケ」になっていってしまうのであろうなぁ〜。いやいや、毎日が「ハレ」なのかもしれないが・・・。


■2020-01-02-Thursday キャンセル待ち

正月は家族で十勝川温泉で過ごしたいと

考えていたのだが・・・、

豊洲亭は昨年のかなり早い段階ですでに満杯になっており、キャンセル待ちでしか申し込みが出来なかったのである。

連絡が無いから、すっかり諦めていたところに、元旦の午後になってホテルから「急なキャンセルが出ましたが如何でしょうか?豊洲亭ではなく豆陽亭の方なのですが・・・」との連絡が入ったのである。

まさに急な案内ではあるが、別段、他に予定が入っているわけでもないから家族4人で行くことにした。

しかし、問題がひとつだけあった。それは、あまりにも急過ぎて愛犬を預ける場所がないということである。

結局、自宅に置いていくしかないという結論になったのだが、その時間を極力短くすることで愛犬にも我慢してもらおうと、夕食の始まる時間ギリギリにチェックインし、朝一番でチェックアウトして帰宅することにしたのである。

かなり慌ただしいスケジュールであるが仕方がない。

夕方にいつもよりも長〜い散歩してから出掛けたのであった。

ホテルにチェックインをしたら、食事までの30分間、ロビーで「大道芸人のマジックショー」をやると云う。

受付の人が、私のことを知っていて「坂本さん、飛び入りでマジックやりませんか?」と冗談で云う。

出演者は札幌から来た大道芸人でジャグリングとマジックを合わせたショーをやると云う。

最初から最後まで見た後に、投げ銭を持って行って「帯広のマジック・ミュージアムの坂本です。頑張って下さい」と声を掛けたら「マジック・ミュージアム知っています。光栄です。ありがとうございます」と喜んでくれたのであった。

食事はバイキングスタイルであるが、ここの食事は美味しいことで定評がある。ホテル側からはシャンペンのプレゼントがあって気持ち良く酔いながら美味しい夕食をすることができた。

食後はロビーでビンゴゲームをすると云う。売店で4枚(500円×4人分)を購入してビンゴゲームに臨んだら・・・。なんと、なんと息子のカードがビンゴ達成第一号で列が揃ったのである。景品は「豊洲亭ペア宿泊券」である。アッと言う間に元が取れてしまった。

その後、娘は可愛い「雪ソリ」のボードが当たったのだが、私達夫婦は2人ともホテル売店の300円の割引き券であった。その割引券を使って売店で買物をしている最中に、幼い女の子の客がボードを欲しがったので娘はプレゼントしたのであった。東京に持って帰ることも出来ないからね。

部屋に戻って、私以外の3人は大浴場に温泉に入りに行く。私は前立腺癌のホルモン治療の副作用で身体が女性化してオッパイが出てきたので、それ以来大浴場に行くのが恥ずかしくなったので、部屋に付いている温泉浴場に一人で入ったのであった。

3人が部屋に戻って来てから、ビールを飲みながら家族4人でいろいろな話が出来た。

翌朝は6:45の朝食開始時間に合わせて食事をする予定にした。妻と娘は食事の用意や片付けをしなくて良いので、とてもリラックス出来たと喜んでいたのであった。今回の温泉旅行は急な展開ではあったが、家族団欒のとても良い機会であった。


■2020-01-03-Friday 愛犬が

十勝川温泉に家族で一泊し

早朝8時前には帰宅したのだが・・・。

戻ると、愛犬のトイプードルの怒ること、怒ること。

まるで「何処に行ってたのよ〜、とっても寂しかったよ〜」と言っているかのように吠えること、吠えること。

餌も、水も飲食した形跡が見えない。ハンガーストライキでもやっているかの様である。

息子がすぐに散歩に連れ出したのだが、ブルブルと怒りに小刻みに震えて、歩こうとしないという。抱き抱えてすぐに戻って来た。

どうやら怒りが収まらない感じなのである。

しばらく宥めすかしてようやく落ち着いたのだが、よっぽど腹が立ったのだろうなぁ〜。犬にも感情ってもんがあるんだなぁ〜。

せっかく昨晩のビンゴ大会で息子が当てた「豊洲亭一泊ペア宿泊券」も、このままでは使えないじゃないか!

夜は、またまた、愛犬を留守番させて、弟宅での新年会である。

美味しい食事を堪能した後で、一緒にテレビゲームのウィフィットで盛り上がった。

身体を使ったゲームってのは、けっこう面白いモンんである。ゴルフ系のゲームには思わず熱くなってしまったのであった。

楽しい時間であったが、愛犬を長時間待たせたら、また怒るかと思って、短めに切り上げたのであった。


■2020-01-04-Saturday イリュージョン?!

いやぁ〜ビックリしたなぁ〜。

昨年末に、カルロス・ゴーンが、さながらイリュージョニストみたいに日本脱出をしたと言うニュース。

楽器を入れる黒いケースに入って、プライベートジェット機で関西空港から脱出したと云う。

パスポートは?、荷物検査は?、等など、まだまだ謎が多いと云うから、不謹慎だが、マジシャンとしては興味深々である。

15億円の保釈金は没収と云うことだが、彼にとっては、これくらいの金額では脱走の抑止力には不十分だったと云うことなんだろうなぁ〜。

ハリウッドで映画化の話もあるというから、世界的に見ても映画的な有り得ない事なんだろうなぁ〜。

日本も散々コケにされた状態であるが、これから日産はどうなるんだろうなぁ〜。

日産自動車は、1996年から始めた「十勝環境ラボラトリー(TKL)」の一番大きなスポンサーであった。世界の環境問題に貢献するべく電気自動車の開発を十勝で行おうとする計画であったが、ゴーンが社長に就任して、一緒に活動していた日産の社員の方々は皆クビになった。

私には、その時から、ゴーンはただの「非情なコストカッター」でしかない。日本人の「しがらみ」に無関係な外国人であるゴーンだから、非情なクビ切りが出来ただけだと思っている。

そのクビ切りの報酬として数十億円もの役員報酬を受け取るというのも、感情的に許せなかった。そのことは、当時のブログにも書いたが・・・。

今回の脱出劇も、まだ事の真相は明らかになってはいないが、ゴーンは日本人をナメテいるとしか感じない振る舞いである。

顛末が気になる事件である。


■2020-01-05-Sunday 曜日の感覚

曜日の感覚が・・・。

今日はいったい何曜日なんだ!

今回の年末年始が長過ぎるからなのか、それとも年を取って曜日の感覚が無くなったからなのか・・・。

曜日が分からなくなると認知症の疑いが・・・。

昨日(4日)は、娘と息子が同じ飛行機に乗って、とかち帯広空港から職場のある街に戻って行った。

空港まで送った後で、会社に寄った。12月27日に仕事納めをしてから会社に顔を出していない。仕事始めは6日にしてあるのだが、旅行に行っているわけでもないのに、さすがに1週間も顔を出さないと不安になる。

荷物や年賀状などに目を通してPCのメールを確認してから帰宅した。

子どもが2人同時に居なくなると、急に寂しくなる。妻が寂しさで特に落ち込んでいるようだ。

とても暇なのだが、映画は全て観てしまったから、もう観るものがないので、本屋に寄って本を買うことにした。これまで読書などあまりしなかった妻も、ここ最近は本を読むようになってきたのである。

数冊の本を買い込んで、夕食の買い物をして帰宅した。

手帳を見たら、18:30から北海道ホテルで帯広青年会議所(JC)の新年交礼会があると書いてある。

着替えて、徒歩で向かった。ホテルと自宅とは徒歩5〜6分の距離であるし、今冬は雪が少ないから路面が出ているので歩き易い。

毎年、交礼会の最初がJCである。

理事長以下、来賓の挨拶が皆長くて上手いとは言えない。後から来賓の紹介があるのに、挨拶の中で同じことを繰り返す必要はない。

ましてや人の名前を忘れてしまう様では逆に失礼になるのだから、原稿を見ないで挨拶するのであれば来賓紹介は入れるべきではないだろう。長時間待たされる客の立場を考えた方がよい。

今年のJCは久し振りに新入会員が20名も入ったと云う。近年では驚異的な新入会員数である。でも、我々の時代には毎年30名くらいは入っていたのだがなぁ〜、少子化の影響なのか不況なのか・・・。カラ元気でも、勢いがあった方がよい。

同じテーブルに座った後輩の後藤健市君が、二人だけで二次会に行きましょうよ、話したいことがあるのでと誘う。

彼と一緒に飲むのは久し振りである。

「北の屋台」の卒業生の店「オブリガータ」に入り、北の屋台を始めた頃の話になった。

「北の屋台」は後藤君が「屋台」をやりたいと言い出し、私が具体的なアイデアを出し、奔走して現実化させたものである。本来は「北の屋台」からの家賃などの収益を、もっと「まちづくり」のことに使って、帯広の「まちづくり」ここに有りと云う様にしたかったのだが・・・。

「まちづくり」の為ではなく、会社を潰してしまって生活に困窮している一人のメンバーの為にその収益金を高額な給料として使うと云う、他のメンバー達との意見の衝突があって、私は憤慨して北の屋台を離れたのであった。

ことの顛末は以前に、このブログに書いたから、ここでは割愛するが・・・。後藤君もそのことを憂いていた。

しかし、あれから21年!(綾小路きみまろ風に・・・)。 私も今年で62歳である。もはやあの頃の様な元気はない。

私が現在、神経を集中しているマジックに関することならば・・・と話すと、その中で面白そうな企画が出て来たのであった。

果たして今後どのような展開になるのやら・・・。


■2020-01-06-Monday 砂嵐?

全国ニュースで

十勝で「砂嵐」が吹いたとの放送があった。

春先に黄砂や砂嵐が舞うことはあるが、今は真冬である。

普段なら、粉雪が舞って地吹雪になるはずなのに、粉雪の代わりに土が舞っているのである。

この時期の積雪の平均が27僂任△襪里法∈F現在の積雪が6僂醗枉錣望ないことが原因である。

畑に雪がまったく積もっていないので、冬特有の強風に煽られて、畑の土が舞っている状況なのだ。

これも地球温暖化の影響なのであろう。

雪が少ないのは、除雪作業をしなくて良いから、街中に暮らす人間にとっては楽でありがたいのだが、郊外の農家は、畑に雪が積もらないと、雪は「断熱材」の役割もしているから、地中深く迄、土が凍結してしまい、融けるまで春の耕作が遅れてしまう。

また、去年の秋に蒔いた「秋蒔き小麦」の根が凍ってしまい、枯れてしまうとも云う。秋蒔き小麦は、雪の下で3〜4ヶ月間は眠むらなくてはいけないのだ。土も飛んで行ってしまうから、農家に取っては二重三重に困りものなのである。

真冬に雪がないと景色に風情がないし、雪まつりなどの雪像も造れない。

やはり、降るべき時には降って、降らない時には降らない。こうでなくては・・・。

でも、ドカ雪が降ってもらっては、除雪が困るから、軽い雪が少しずつ降ってくれることを願う。そう都合良くいくかしら?


■2020-01-07-Tuesday 大道芸

昼に十勝毎日新聞社主催の新年交礼会に出席した

「新年交礼会」は帯広市役所を始めとする各種の団体がそれぞれに開催しているのだが、どこの交礼会に出ても、出席者は同じ様な顔触ればかりであるから、食事が美味しいこの勝毎の交礼会と、いつも一番最初に開催するJCだけに絞って出席している。

勝毎系列の北海道ホテルを会場にしているが、毎年、ここの交礼会でしか顔を合わせない人もいる。とにかく振る舞われる食事が美味しいし、帰りにはお土産にお菓子までくれるから招待されるのを楽しみにしているほどなのである。

会社に戻ると、任天堂のテレビゲーム「リングフィット・アドベンチャー」が届いていた。私の醜く太った身体を少しは引き締めたいのと、妻の体調不良を直す為に、軽い運動を勧められているのだが、ジムに通うのは嫌なのである。

このゲームは楽しみながら運動が出来るからと妻が言うので、ネットで注文したモノがようやく届いたのだ。

終業後に自宅に戻り箱を開けてセットしようと思ったら、取り扱い説明書が入っていない。

どうやら最近のものは、ペーパーレス化していて、ネットで取説を見るようになっているらしい。

自宅のテレビにセットしようと思ったら、自宅のテレビの仕様が古過ぎてジャックが合わない。コネクターをまたネットで検索して購入したのだが、これが到着するまでは、小さな画面でやらなければならない。

早速、登録してやってみたのだが・・・。結構しんどいなぁ〜!

特に、私は前立腺癌のホルモン療法の副作用でおっぱいが女性化乳房という状態になっていてジョギングすると揺れて痛いのである。

これは困ったなぁ〜。現在の私の体型は、おっぱいが出ていても、それより更にお腹の方が出ていて、小柄な相撲取りみたいな体型であるから、これまでは見た目的にはそれほど気にもならなかったのだが・・・。

女性用のスポーツ用のブラジャーでも付けなければ走れないかも・・・。

ネットで調べてみたら、男性用ブラジャーと云うモノもあるにはあるのだが、女装用であるのかレースが付いていたりしてスポーツ用ではない。女性用のブラジャーではサイズがまったく合わない。

女性が男装する、いわゆる「おなべ」用のおっぱいを潰して平らに見せる「なべシャツ」というモノがあったのであるが、これも私は太り過ぎでサイズが合わない。結局、いろいろと調べて男性用の痩身用のシャツを購入したのだが、さてどんな具合になるのやら・・・。

18時からは飲み会である。

2002年の夏から毎年お盆の「平原まつり」に合わせて開催している「大道芸フェスティバル」の今年初めての会議に参加する為に、東京から、芸人のファニーボーンズのけーぼーさんとマネージャーの雪菜さんが帯広入りした。

今年は、早目に対応して新しい機軸を生み出そうと云うことである。

彼等が冬に帯広入りするのは、18年の付き合いで初めてのことである。

雪が積もっている白一色の雪景色を期待して来たのに・・・、これじゃぁ〜ただ寒いだけ・・・と言う感想である。

そうだよなぁ〜、住んでる私がビックリするくらい雪が降っていないのだから・・・。

「寒いって言うけど、今日はまだ温かい方なんだよ」と言ったら驚いていたが、やはり東京の寒さと北海道の寒さは根本的に異なる。

「農家バル」で十勝らしい野菜中心の食事をして大いに飲んだのだが、帯広のスタッフがまだ飲みたいと云うので、二次会にスナックに飲みに行った。スナックに飲みに行くのは久し振りである。

最近は酒に弱くなったし、以前の様に酒に酔いたいとも思わなくなったのである。これも女性ホルモンのせいなのかなぁ〜。

なんだか、今日は妙な気分がする一日であった。


■2020-01-08-Wednesday 北キツネ

我が家の愛犬が庭を見て吠えるので

窓越しに庭を見たら・・・、何と北キツネがトボトボと歩いているではないか。

正月に帰省した息子が「庭にキツネが居た!」と言っていたのだが・・・、私が直接見た訳ではなかったので「犬か猫と見間違えたんじゃないのか?」なんて言っていたのであったが・・・。

たまに、我が家の庭にエゾリスが来ることはあるのだが・・・。

そういえば以前に、帯広駅南側にあるとかちプラザの庭から北キツネが出て来て、長崎屋方面に駆けて行ったのを目撃したことがあったし、我が家の近所にヒグマが出没するくらいであるから、キツネが居てもさほど不思議でもないのだが・・・。

昨日、帯広入りした大道芸人ファニーボーンズのケーボーさんとマネージャーの雪菜さんを交えて10時から我が社で大道芸フェスティバルの会議を行った。

今年も8月14〜16日のお盆の「平原まつり」と一緒に開催する予定である。例年よりも早くに準備を始めて、これからの3カ年計画を作り、バージョンアップを図るのである。

12時過ぎまで意見やアイデアが豊富に出たので、次回は4月にまた開催することにして散会した。これから楽しみである。

会議終了後に6名で「はげ天」に行き昼食を摂ってから、ケーボーが東京に帰る前にマジック・ミュージアムを見たいと云う。

大道芸にマジックの「人体浮揚」と「人体消失」を取り入れたいのでタネを教えて欲しいと云うのである。口で説明するよりも現物のイリュージョンの道具を見せながら説明をしてあげた方が早いだろうと思った。

大掛かりなイリュージョンの道具は、3階のミュージアムには展示していないので、保管してある地階の倉庫に連れて行って、その道具を引っ張り出して、実演しながら解説してあげたのであった。

大いに参考になったととても喜んでくれたが、ファニーボーンズが演じると果たしてどんなマジックになるのやら・・・。

とかち帯広空港まで送って行ったが、久し振りに雪が降って、3〜4僂曚匹眄僂發辰討い襦ケーボーが「昨日までの景色と、雪のある景色じゃ、全然違って風情があるね!」と喜んでいる。

帰宅してから家の周りを除雪する。積雪は6〜7僂らいにはなったようだ。これくらいの降雪量で軽い雪の除雪作業なら運動としてもちょうど良いくらいだ。やっぱり、冬には雪がなけりゃ〜ダメだね。


■2020-01-11-Saturday 男はつらいよ

映画「男はつらいよ」を観て来た。

帯広の映画館ではもう観たい映画はやっていないが・・・、冬だと他に行く場所もないから家でジ〜ッとしているよりはと思い、映画館に行くことにした。

やっている映画の中で何を観ようかと選んだら、もう寅さんしか無かったと云う次第である。

まぁ、夫婦50歳割引き制度でなら一人1200円であるから暇潰しとしてはまぁまぁであろう。

私は「男はつらいよ」の映画はこれまで映画館で観たことがない。テレビでやっているのを何度か観た程度である。観なくてもストーリーはほとんど同じだから観たいとも思わなかったのだ。

ただ、寅さん役の渥美清はかなり前に亡くなっているのだから、昔の映画のフィルムをどう処理して、違和感無く構成し直すのかと云う興味はあった。

例によって、まだ観ていない人の為に、ネタばらしになるようなことはこのブログには書かないが・・・、

若い頃のマドンナ役の女優さん達が皆綺麗だったなぁ〜と云う感想だ。

まぁ、こんなもんであろうなぁ〜。


■2020-01-14-Tuesday 三連休

年末年始には世界中で

いろいろと重大なニュースが飛び交ったが・・・、

いつも年末に行く馴染みの床屋には、一昨年と同様に今回も行けなかった。

ここは予約を受けて付けていない床屋であるから、毎年、年末の身体が空いた時間に顔を出して散髪が可能かどうかを確認するのだが、年末は3回顔を出して、3回とも満杯で、しかも待ち時間もかなりあると云うので、結局、年が明けてからになってしまったのである。

私の髪質はくせ毛で、長く伸ばすとクルンクルンと丸まってしまう。短めにしておかないと上手く収めることが出来なくなってしまうのだ。

だから月に一度は散髪に行くのだが、年末はタイミングが合わなくていつも年越しをしてからになってしまう。今年も今週の散髪になってしまった。

年齢を重ねると、冬に外に出るのが億劫になる。スキーもやらなくなってから30年ほども経つし、今年は雪が少ないから近場のスキー場はまだオープンしていないのじゃぁなかろうか?

出歩いて転んで骨折でもしたら・・・、と考えると段々出不精になる。

そんな状態の冬に三連休になっても・・・、暇を持て余してしまうだけだ。

年末年始の9連休も暇で辛かったが、子供らが帰省していたから何とかなった。しかし、まだ9連休の気分から脱出もしていないのに、この三連休はいよいよ辛い。

テレビはつまらないし、映画も面白そうなモノは、もうほとんど観てしまったし、結局、読書をするくらいしかない。

ひたすら本を読んで3冊読破したのであった。

マレーシアでバドミントンの桃田選手の乗った車が交通事故を起こし、運転手が死亡し、桃田選手も怪我をしたと云う。衝突されたのではなく、前を走るトラックに追突したらしい。それならドライバーの技量におおいに問題有りだろう。

オリンピックの開かれる年に、有力なメダル候補(世界ランク1位)を乗せる車が、こんなことで良いのだろうか?

送迎には、もっと安全な体制を取るべきであろう。

選手第一と言っていながら、選手よりも役員の待遇の方が良いのが日本のスポーツ界である。

まだ詳細は分からないが、せめてまともなドライバーが運転する車に乗せてあげて欲しいものだ。