«前の日記(■2020-02-07-Friday) メイン 次の日記(■2020-02-11-Tuesday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2020-02-09-Sunday 駒大女子会

駒澤大学同窓会十勝支部の女子会が

9日11時半から坂本ビル6階で開催された。

同窓会は男性が中心で、女性の参加者が少ないことから、同窓会の本部から「女子会」を作って活動するようにとの指示が出ている。

今回は食事会とハーバリウムの講習会を企画した。

女子会は女性だけの催しであるが、支部会長である私も半分身体が女性化しているので参加した(笑)のであった。

今日は寒い!会場である我が社の会議室も昨日の土曜日が休みだったから冷えてしまって暖房を入れてもなかなか温かくならない。

久し振りに強烈な寒さである。

まずは市内のふじもり食堂で昼食会をしてから、坂本ビルに徒歩で移動したのだが、わずか200mの距離なのに風が冷たくて震えてしまった。

「ハーバリウム」とはブリザードフラワーやドライフラワーをガラスのボトルに入れて専用オイルに浸し、みずみずしい状態を保ったままで植物を観賞する新感覚のインテリア雑貨のことである。

講師は、同窓会十勝支部の小室事務局長夫人である。

女子会でハーバリウムの講習会を催すのは今回で2回目で、今回初めてトライしたのは2名、後は前回の経験者ばかりである。

最初にボールペンで小さなハーバリウムを作成した。

私は、最初はこのボールペン作りだけに参加するつもりであったのだが、やってみたら、すっかりハマッてしまって、続けてボトルの方にも参加したのであった。

何でもオリジナル作品を作ると云うのは楽しいことである。

結局、大きな作品2ボトルと小さな作品1ボトルの合計3作品を完成させたのであった。

作り始めると結構夢中になって達成感はあるのだが、出来上がった作品を見たら、あそこはああやれば良かったとか、こうすれば良かったかなぁ〜と思いはじめ、なかなか満足することが出来ない。

また次回も挑戦したくなる。

参加した女子会のメンバーもいろいろな作品を作っていたが、皆、またやりたいと言っていた。

今年の十勝支部の総会&落語会は7月11日(土)にとかちプラザで開催することが決まっている。女子会のメンバーにも是非参加してもらいたいと思う。