«前の日記(■2020-05-14-Thursday) メイン 次の日記(■2020-05-16-Saturday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2020-05-15-Friday 新しいビジネスモデル

ポスト新型コロナウィルス禍をどう生き抜くのか!

人が集まってはイケナイ!

人を集めてはイケナイ!

移動をしてはイケナイ!

ソーシャル・ディスタンスを保て!

と云うのでは、これまでのビジネスモデルは全く通用しない。

コロナウィルス禍はいったいいつ治まるのだろうか?

果たして、治まった後に、完全に元に戻るのだろうか?

今回のウィルス禍が人間の心理に与える影響はかなり大きいだろう。治まった後にもトラウマとなって長く残るのではなかろうか?そうなると・・・

大量生産・大量販売・大量消費・大量移動と云うのは、近年すでに衰退の兆しがみえていた。

ネット販売が良さそうだと考えたが、これも近年、物流の問題が出ていたし・・・。

緊急事態宣言で、企業の倒産や廃業は爆発的に増えて大量の失業者が出るであろうから、それらの人達の収入は激減してしまう。消費者の懐が極端に寒くなり、財布の紐は固く閉ざされるだろう。生活保護を受ける人が増え、刑務所での安定した生活を選んで犯罪をする人が増えるだろう。

人間は食べなければ生きていけないが、飲食業界はソーシャル・ディスタンスの影響が続けば、店舗内への収容人員をかなり減らさなければならないから、客の数は半分に減るだろう。

少ない客数で利益を上げようにも、高額な外食を食べる金銭的余裕は庶民にはない。

ごく一部の富裕層を相手に商売をするか・・・、億万長者がプライベートジェットで来日して、十勝に来て郊外で超贅沢なグランピングをする姿を想像してみたが、そもそもそんな富裕層はごく少人数だし、十勝を選ぶ理由もみつからない。

早急に新しいライフスタイルに合ったビジネスモデルをみつけないと・・・。

リーマンショックや世界大恐慌を上回る、大恐慌が襲って来る。