«前の日記(■2020-06-01-Monday) メイン 次の日記(■2020-06-03-Wednesday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2020-06-02-Tuesday 反響!

昨日の勝毎の「論壇」に掲載された

私の「ソーシャル・ディスタンス(SD)」を読んだ人たちから、すごい数のお便りをいただいた。

ほとんどの方々が賛同してくれたが・・・。

私のブログの普段からの愛読者の方々からは、いつもの過激な論調を随分と抑えた内容だったねと、逆に大人し過ぎる内容に不満の声も多数あったが・・・。

本心ではもっと過激に書きたかったのだが・・・。

やはり、新聞という公器と、ブログと云う私的なものでは、自ずから表現法は変わってしかるべきであろう。

まず題名を見て、「エッ、あの坂本さんがSDを奨励しているの?」と早合点された方も居たが、内容を読んで安心され、面白い視点からの意見だとの評論もしてもらった。

総じて、メディアの過剰な「恐怖心煽り」に懸念を持っておられる方々が多いことが分かった。

データを読み取れる冷静な人たちならば、今の「コロナ狂騒曲」は滑稽なのである。誰がどう考えても、今のコロナウィルスに対する行動は、同じ様な風邪やインフルエンザに比べて過剰なのだ。

『今日、○○市ではインフルエンザに罹った人が〇〇人居ました!インフルエンザで死亡した人は〇人でした!』と報道しているだろうか?異常としか思えない。

何度も、このブログに書いたが、日本のインフルエンザの感染者数は年間1000万人以上も居て、死亡者数も3000人を超えているのである。インフルエンザには予防薬も治療薬も存在しているのに・・・。

それに対して、日本ではコロナウィルスにいったい何人が感染して何人が死亡しているというのか?

データを比較したら一目瞭然ではないのか?

政府も行政もメディアも、いたずらに恐怖心を煽り、国民に恐怖心を植え付けて、日常生活を破壊している。

これは誰かの陰謀なのだろうか?

恐怖心を煽っている人たちは取り返しのつかないバカなことをやっていると気が付いているのだろうか?