«前の日記(■2020-11-16-Monday) メイン 次の日記(■2020-11-20-Friday)»
 | トップ |  | ビル概要 |  | テナント構成 |  | 沿革 |  | アクセス |

観光カリスマ
坂本和昭のブログ


■2020-11-18-Wednesday フランス人の

マジック・ミュージアムにフランス人の

カップルが来場した。

男性は話せるのはほとんどフランス語だけ、女性は英語を話せるが日本語は挨拶程度の片言だけ。

私の英語も話せるのは片言だけと云うよりも単語を並べるだけであるが、相手が話している内容はだいたいは理解出来る。

「マジック・ミュージアムを見たい。彼はビギナーのマジシャンだ」と言うのである。「予約が必要だ」との断る単語が分からなかったし、マジックが趣味ならば、説明もなんとかなるだろうからと軽く考えて入館してもらうことにしたのである。

日本人は私一人しか居ないから、たとえ間違った英語を話しても恥にはならないだろうと、館内を一緒に廻りながら、知っている限りのありったけの英単語を駆使して説明をしたのである。

他に頼る人も居ないから、相手も私の言わんとすることを理解しようと注意しながら聞いてくれたのであろう。私の英語も結構、通じたようである。

外人との会話というのも、これが意外と楽しいものであった。

きっと、こんなことを繰り返していたら英語にも自信が持てるようになるかもね・・・。

でも、まだ英語だから何とかなったのだが、これが中国語や韓国語だったらまるで分からないなぁ〜。翻訳機でも購入しようかしら。